【特報!】あわむら赤光最新作「我が驍勇にふるえよ天地」7月発売【試読版もあり】


「聖剣使いの禁呪詠唱《ワールドブレイク》」シリーズのあわむら赤光先生が満を持して放つ大傑作がいよいよ今月発売です!


20160701gyoyu_shoei

我が驍勇にふるえよ天地
~アレクシス帝国興隆記~
著:あわむら赤光 イラスト:卵の黄身


あらすじ

天下無双――アレクシス大帝、レオナート一世の驍勇は真実そう評される。
しかし、後に大陸統一を果たす彼も、若き日には《吸血皇子/ノスフェラトゥ》の汚名を着せられ、故郷を奪われた、武骨で不器用な青年でしかなかった。

これは、大反撃の物語である。

再起を誓ったレオナートはまさに一騎当千!
そして一本気な彼に惹かれて集うは、神とも魔物とも例えられる数多の名将、賢者、才媛、奇才。やがて彼らは腐敗した祖国を呑みこむ一大勢力となり、群雄する大国全てと渡り合っていく! 痛快にして本格――多士済々の英雄女傑、武勇と軍略が熱く胸を焦がすファンタジー戦記、堂々開幕!!


 

「驍勇」とは?

さてタイトルの「我が驍勇にふるえよ天地」にも使われている言葉『驍勇』ってご存知ですか? 

ちなみに「驍勇=ぎょうゆう」と読みます。すらっと読めた方は戦記小説にかなり親しんでおられ
るのでは!? 常用漢字に含まれない漢字ですので、学校の勉強だけではなかなか目にする機会がないかもしれませんね。

意味は「強いこと。勇ましい様」のことです。そしてもちろん驍勇とは、主人公レオナートを表しています。


20160701gyoyu_kuchie_a


 

登場人物


20160701gyoyu_leo

レオナート
主人公。クロード帝国第八皇子。
《吸血皇子》なる不名誉な呼び名を付けられている。しかしその武勇は正しく天下無双。英雄の中の英雄、茨の道をも黙って進む超かっこいい男です!


20160701gyoyu_shela

シェーラ
レオを支える麗しき女性軍師。
レオと同じ師を仰ぎ、百学に通じる天才軍略家となった。レオを「理想の人」と公言。たま~に可愛い一面をのぞかせることも。


20160701gyoyu_alan

アラン
レオの幼馴染みで最大の親友。
多くの貴族がレオを敬遠する中、アランだけはレオを公私にわたって支えてくれる。この物語は男同士の友情も熱いんです!

20160701gyoyu_sanzasu

ザンザス
レオの黒き愛馬。愛馬と書いて「戦友」とも読む。
比類なき剛馬で、レオでなければ御せず、レオにのみ従う。ザンザスをかっこよく描いてくださるイラストレーターとして、卵の黄身先生はこれ以上ないくらい適任でした!


 

第三章を試し読み

「我が驍勇にふるえよ天地」は、とにかく熱く、壮大で、読んでいて気持ちいい! 激強な主人公の痛快な一騎当千ぶりを、あわむら先生ならではのド迫力な筆致で書き上げているんです。

どんな読み味なのか「驍勇」の第一章「グランド・プロローグ」と第二章「伝説伝承」の試読版は先日アキバblogさんのコラム記事で先行公開しております。

◆関連リンク◆
【コラム 】 GA文庫7月「ワルブレ」のあわむら赤光先生新作!「我が驍勇にふるえよ天地」
 ※こちらの中段あたり、冒頭~約70ページの試し読みができます。

 

そして今回は、その続きとなる「第三章 彼らに休息なく……」を公開いたします。

※こちらからPDFがダウンロードできます。

 

我が驍勇にふるえよ天地
~アレクシス帝国興隆記~
は7月15日に発売です!
「聖剣使いの禁呪詠唱」シリーズもまだまだ続きますが、新シリーズ「我が驍勇にふるえよ天地」もぜひお楽しみください!


20160701gyoyu_kuchie_c

 

◆関連リンク◆
あわむら赤光5ヶ月連続刊行ラッシュ!
「ワルブレ」&「驍勇」がそれぞれ6月、7月、8月、9月、10月に発売予定。毎月あわむら先生の作品が読めちゃいます!

 

20160701gyoyu_obiura


45

▲TOPへ戻る