コミック爆売れ記念「ラスダン」1巻全編無料公開&プレゼントキャンペーン開催!

コミック爆売れ記念「ラスダン」1巻全編無料公開&プレゼントキャンペーン開催!

第8回GA文庫大賞《優秀賞》受賞の大人気作

 

たとえばラストダンジョン前の村の少年が
序盤の街で暮らすような物語

 

無自覚無双の最強少年が行く爽快『勘違い』ファンタジーの決定版!

作画・臥待始先生によるコミック版は、ガンガンGAにて大人気連載中!

 

マンガでも最強村人・ロイドくんの無双ぶりはとどまることを知らず、

 

今日も新たなファンを獲得しまくっています。

 

気になる連載最新話(case6)は、

こちらからお読みいただけます。原作でも人気の決闘シーンに突入!

 

そして、そんなコミカライズ版をまとめた単行本第1巻が2月に発売になったのですが、

発売即・緊急重版決定!

売れ行き絶好調につき、すぐに大増刷するという爆売れ状態とのこと。

それを記念しまして

コミックの続きをすぐに読んでいただけるように

第1巻を全編無料公開いたします。
※1週間の期間限定です。

※無料公開は終了いたしました。

ページサンプルはこちら。

スマホでサクサク読める超軽量&縦スクロール最適サイズの特殊仕様でご用意しました。

ラスダンのマンガおもしろいなー、と思った方はぜひこちらの原作もお試しください。連載最新話となるcase6の続きがすぐに読めます。

 

『たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語・軽量試読版』

 

さらにさらに、これだけでは終わりません!

 

サイン本プレゼントキャンペーン開催!

 

なんと、原作のサトウとシオ先生、およびコミック作画の臥待始先生のご厚意により、急遽、サイン本のプレゼントキャンペーンが開催決定いたしました。

 

原作1巻とコミック1巻のサイン本をそれぞれセットにして

合計で5名様に抽選にてプレゼントいたします。


◎キャンペーン参加方法
ハッシュタグ「#ラスダン感想CP」を付けて、原作第1巻かコミカライズ第1巻の感想をツイートしてください。感想をつぶやくのは小説でもコミックでもどちらでもかまいません。ツイートしてくれた方のなかから抽選でサイン本2冊セットをプレゼントします。

 

◎抽選方法
キャンペーン終了後にハッシュタグで検索して抽選を行います。
抽選は3月9日(金曜日)を予定しています。

※締切は3月8日の午後12時です。締切後に期間中のツイートを検索して抽選を行います。


当選者数は、まいぞー@GA文庫のツイッターアカウント(@GA_Myzo)よりDMをお送りします。DMの受信から24時間以内に当社指定のアドレスまでメールで必要事項をご連絡ください。

※DMを受信できるようにしておいてください。
※3月12日の24時までにDMが来ない場合は、抽選に外れたものとご理解ください。

 

◎注意事項
本キャンペーンは日本国内にお住まいの方のみを対象とさせていただきます。

 

◎個人情報の取得について
今回のキャンペーンで取得した個人情報は賞品の発送に関する目的のみに使用し、それ以外の目的には一切使用いたしません。未成年の方は保護者の方の同意を得たうえで個人情報を提供してください。また、お預かりした個人情報は賞品発送の2週間後に速やかに破棄いたします。

 

ラスダンの原作から好きな方も、コミックからファンになった方もふるってご応募ください。キャンペーンのご参加、お待ちしております!


0

『我が驍勇にふるえよ天地』コミカライズ続報!キャララフ公開編

 

20160705gyoyu_shoei01

魔法がないから面白い痛快ファンタジー戦記

 

『我が驍勇にふるえよ天地』

 

現在進行中のコミカライズ情報をお届け!
今回はお待ちかねのコミック版キャラクターデザインを公開いたします。


まずは主人公

レオナート!
ご覧ください、このかっこいい姿を!!
天地をふるわせる古今無双の一騎当千。
マンガで大活躍する時が待ち遠しいですね。


続いては美貌の軍師

シェーラ!
笑って、泣いて、おちゃめに献策。
硬派な世界観を華やかに彩る本作のキーパーソンです。


それから

レオの育ての親、ロザリア侯爵夫人
原作ではビジュアル化されていないので
見た目としては初公開になります!
これが『驍勇』の土台となる最重要人物の姿です。


こんなに素敵なキャラクターデザインを手掛けてくださったのが、コミカライズ作画担当の佐藤勇先生です。新進気鋭にして超実力派! 圧倒的な作画力で『驍勇』の世界を迫力たっぷりに描いてくださいます。

 

コミック版『我が驍勇にふるえよ天地』はマンガアプリ『マンガUP!』にて5月より配信開始予定。

 

あの壮大なストーリーを見事にコミカライズしていますので、ぜひぜひ期待をふくらませて公開をお待ちください。

そして、

 

原作小説
我が驍勇にふるえよ天地7
2018年4月発売決定!

 

6巻でいよいよ始まった宿敵アドモフ帝国本土攻略はさらに過熱!
シリーズ最大級の盛り上がり必至の大傑作に仕上がっています。
こちらもどうぞご期待ください。

ご予約はこちら→『我が驍勇にふるえよ天地7 ~アレクシス帝国興隆記~


0

GA文庫1月刊「異世界テニス無双」書店員先行レビュー&試読版を公開!

GA文庫のまいぞーです。
今回はGA文庫1月の新シリーズ「異世界テニス無双 テニスプレイヤーとかいう謎の男がちょっと強すぎるんですけど!」の書店員さんガチレビュー&先行試読版をご紹介します。


「強くなりすぎたテニスは勇者も魔王も超越する!」

本作は『異能バトルは日常系のなかで』の望公太先生が贈る、剣と魔法の世界のお話です。現代日本から召喚された主人公が非業の運命を背負わされた女の子を助けるために奮闘する、正真正銘の王道的ファンタジー。ただし、

 

――主人公が握っているのは、剣ではなくラケットですが。

 

そんな本作の1月発売に先行して、全国の書店員様より希望者を募り、忌憚ない「本音のレビュー」をご提供頂きました。

結果、多くの応援コメントを頂きましたので その一部をご紹介します。


<異世界テニス・書店員『本音レビュー』>


○うすうすは感じていました。全国クラスのテニスプレイヤーは異世界で無双するのではないか、と。
多彩な変化と天災のごとき破壊力を持つ打球は異世界の魔法に劣らず、瞬間移動的な俊敏性と無尽蔵の体力は魔物のそれを凌駕し、何事にも動じない冷静で迅速な判断力はどんな危機的状況にも対応できるのです。
最強のジョブは勇者でも賢者でもなく、テニスプレイヤー!
そんな当たり前なことにようやく気づかされました。
いつか異世界に転移した時のことを考えてテニスを始めたいです。
(戸田書店新潟南店/小林)


テニス強えー!、テニス最強ー!! と言わせる物語。
相手がゴブリンだろうとドラゴンだろうと全てテニス技で倒す。
陽帝学園 テニス部の主人公 相馬 王助、
彼ならば異世界でもエースでいられる(笑)!

(ゲオ藤岡店/柳)


読み終わって、最初に抱いた感想が・・・私の知ってるテニスではない!!でした。
同作者の「異能バトルは日常系の中で」のようなルビが必須の言葉が一杯で、ニヤニヤしながら読みました。さりげに異能バトルの主人公の技名出てきて驚きました。使い手の名前は違いましたが・・・。縁者なのでしょうか? テニスでどう戦うのかな~と思ってましたが、色々と私の考えを超えて倒しておりエリーシャと一緒に驚いていました。
(ジュンク堂書店名古屋栄店/後藤)


タイトルを見たとき、異世界でテニスをするような話なのかと思いましたが予想以上でした
ヒロインを全力で助けたり、犯罪者や魔王とテニスだけで戦っていく熱いバトル、そして限界を超えたテニスに笑いが漏れるコメディが散りばめられたラノベでした。
ページを繰るごとに、主人公・王助がテニスで敵にどう立ち向かうのか興味をひかれ、最後まで見逃せない展開の連続でした。
そして最後の最後まで主人公には驚かされる!
ただでさえ最強なのに目標とする人物がいて、まだ上を目指そうとする王助に胸を熱くさせられずにはいられませんでした。
(芳林堂書店みずほ台店/水島)


タイトルからしてすごい作品ですが、読んでみると我々が知っているテニスであってテニスではないことがわかります(笑)トッププレイヤー達のテニスは異世界でもこうも通用するものかと驚きとともに最高に笑わせてもらいました!とりあえず読んでからツッコみましょう!
(オリオン書房/西室)


私の知識不足もあると思いますが、テニスを題材にした作品は珍しいと感じました。さらには舞台が異世界であるとなると一体どういった物語なのだろうかとタイトルから興味をそそられました。実際読んでみても異世界を相手にテニスだけで挑んでいく主人公の活躍に心を躍らせる自分がいました。
いい意味での超王道ファンタジー。続きが気になります。
(栗林書房/村尾)


テニスボールを突くだけでエコーロケーションできたり、自分で打った球を追い抜いて一人ラリー始めたりと、魔術もびっくりの技を「技術」と言ってのけるインフレ具合です。
テニスは武術だったのだ・・・・・・。
ただ、そんなネタとギャグの嵐(本人はテニスしてるだけ)の中にもしっかりとしたストーリーがあり、読み応えもある作品でした。某漫画に対して思っていたことを代弁してくれているような気持ちよさがありました(笑)
(TSUTAYA鷺宮店/小宮)


至極当然のように行われる主人公の超常テニスと、目の当たりにして驚くヒロインのテンションに、終始笑いが止まりませんでした。
勿論笑いだけではなく、ヒロインに関する謎や熱い展開も盛り込まれ、王道ファンタジーとしても惹き込まれる物語でした。全国レベルのテニスプレイヤーはゴブリンもドラゴンも倒せる……。
今後、テニスを見る目が変わってしまいそうです。
(アニメイト津田沼/米倉)


※ネタバレ防止のため、一部抜粋しています
※お預かりしたテキストから誤字脱字等、調整している場合があります


ここで紹介した以外にも多くの書店員様にご参加いただきました。ご協力ありがとうございました。

いかがでしょうか?

すでに全国の書店員様にお楽しみいただいている『異世界テニス無双』。

 

次はこの記事をお読みのあなたの番です。

異世界テニス無双、先行試し読み版をご用意いたしました。



「異世界テニス無双」

試読版はこちらから

異世界テニス無双 テニスプレイヤーとかいう謎の男がちょっと強すぎるんですけど!』は2018年1月15日頃発売です。王道にして超越、スーパーテニスファンタジーをぜひお楽しみください!

◆関連記事

望公太完全新作『異世界テニス無双』2018年1月刊行決定! ←作品紹介はこちら

GA文庫1月刊「異世界テニス無双」強くなりすぎたテニスプレイヤー、店舗特典情報! ←特典情報


0

望公太完全新作『異世界テニス無双』2018年1月刊行決定!

ファンタジーが
テニスと
出会ってしまった。

 

望公太先生最新作、始動!
題して

異世界テニス無双

天才テニスプレイヤー
相馬王助が
異世界へ旅立った。
そして

テニスで
ドラゴンを倒し

 

テニスが
出会いと闘争を呼び

テニスで
すべてをさらけだす!

『異能バトルは日常系のなかで』
望公太先生が2018年1月に打ち出す
とてつもない球!!

異世界テニス無双。つまり

異世界で

テニスが

無双する。

それが

異世界テニス無双

常識は通じない。

このテニスは

もはや

ファンタジー。

ご予約大好評受付中。こちらからご予約できます。
そして、先行試し読みも近日公開予定。
乞うご期待!

 

◆関連記事

『異能バトルは日常系のなかで』完結のお知らせ

 


0

「異能バトルは日常系のなかで13」シリーズ完結のお知らせ

 
 
GA文庫が誇る新・厨2病のバイブル『異能バトルは日常系のなかで』が2018年1月刊行のシリーズ第13巻でいよいよ完結を迎えます。
 
テレビアニメ化をはじめ、コミカライズやドラマCD化など多様なメディアミックス展開に恵まれた本作は、たくさんのファンに愛されてシリーズを重ねてきました。
 

 
 

 
 
ある日とつぜんとてつもない異能に覚醒めたふつーの文芸部員たちが、異能バトルに巻き込まれることなくふつーの日常のなかでおもしろおかしくその能力を無駄遣いしていく――けどそれだけじゃ終わらない、ひと癖もふた癖もあるメタフィクショナルな読み味も楽しめる本作。
 
いよいよ、満を持しての大団焔( 大団円)となります。
 
ちょっとおさらい『異能バトル』
 
最終第13巻をお楽しみいただく前に、ちょっとだけここまでのお話をおさらいします。
 

 
 
ストーリー上、13巻に直接つながるのは2冊前の11巻(↑こちら)です。「文芸部の日常」と「文芸部の外で行われている非日常」とが決定的に交錯した、シリーズ全体でも屈指の事件を描いたお話。
 
そしてこのお話最大のキーパーソンは、

 
 
相模静夢くん。
 
『日常編』と『異能バトル編』、どちらにも顔を出すキャラクターがとんでもない方法で2つの舞台を交わらせてくれました詳しくは重大なネタバレになるので言えませんが、11巻の最後のページを読んだとき思わず「おへっ!?」と変な声が出てしまったことをよく覚えています。「え? あ、そうくるの!? ええええ、あー、そっか、そうくるのか! おあー。いやほんとに?えええ?」という意味がこもった「おへっ!?」でした。なにしろ担当編集である私にもこの結末は当時明かされていなかったからです。
 
と同時にこうも思いました。
 
(望先生、この続きどうするつもりなんだろう……?)
 
我慢できずに聞いてしまいました。
 
「望先生、これ続きどうなるんですか!?」
「……これから考えます」
「 」
 
ちょ、え、望先生ぇえええええ!?
いま明かされる真実!
まさかのノープラン。
ちょっと奥さん聞きました?
あの続き、当時考えてなかったんですって!
 
そんなラストシーンから、1年9ヶ月。
 
その間にいろいろなことがありました。
 
他社さんでもご活躍の場を広げ、
 
ずっと大好きだと言っていた作品のアンソロを手がけたり、
 
お子さまもお生まれになるなどして、
 
じらしにじらされつづけた「あの続き」が、
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
いよいよ
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 

 
 
出ます。
 
望先生いわく
 
「終わることに意味がある。そんな最終巻にしたつもりです」
 
この言葉のとおり、テーマは『最終巻』。完結することの意味がお話そのものに密接に関わっている、まさしく最終巻のなかの最終巻に仕上がりました。
 
11巻のラストからその続きを心待ちにしてくださっていた全ての読者さんに、きっとご満足いただける内容になっています。こういう「異能バトルは日常系のなかで」を読みたかったんだ。そんな気持ちになれることうけあいです。
 
最後に読者の皆様のために、最終巻の冒頭の一文だけ先行公開しましょう。
 
 
 
 最後の戦いから大体一年が経過した。
 
 
 
ちょ、望先生ぇえええええ!?
そのパターンなの!?
そのパターンやっちゃうの!?
 
果たしてそのパターンなのか。それともこれも含めてネタなのか。
気になった方はぜひ最終巻をお読みください。
 
ただいまご予約好評受付中です。
発売日までもう少々お待ちください。
 

 
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
そして、さいごに朗報をひとつ!
 
望公太先生のお話は
これで終わりではありません。
 
同月発売、完全新作始動。
 
題して、
 

異世界テニス無双
テニスプレイヤーとかいう謎の男が
ちょっと強すぎるんですけど!
 
詳報は後日更新、ご期待を高めまくってお待ちください。
以上、GA文庫まいぞーでした。

0

▲TOPへ戻る