カトリーヌ【自己紹介編】

GA文庫ファンのみなさま、
たまたまこのブログにいらしたみなさま、
ごきげんよう
世界のカトリーヌでございます。
マナーとしてまずは自己紹介ですわね。
そう、このわたくし、何を隠そう、GA文庫を世界の
レーベルにすべく舞い降りた天使なのでございます!
ビコーズ
G:GLOBAL=世界は
A:ここから始まる
でございましょう、K村編集長。
あら、編集部のみなさん、なにゆえ白い目で私を見つめ
るのでしょう? 一体どことどこにミステイクが?
ところであなたはご存知?
「ライトノベルの楽しい書き方」
が映画になるってことを!!!
剣(つるぎ)というヒロインはナイスバディの美女、
武術に通じ学園最強、しかしその実とっても乙女……
まるでわたくしのよう。
そういえば、主演のオファーがあるはずですのに
未だですね。
また詳しい続報をお届けしますわ、お楽しみに。
See you soon,


0

見本誌がやってきた! の巻

 今年の台風は勢力が強くてパワフリャだなぁ、とフラッシュライトをイジリながら感慨にふける今日この頃。
 みなさまいかがお過ごしでしょうか。編集長K村であります。
 さて、GA文庫は毎月15日頃発売ということになっているわけですが、編集部にはその前に完成品が届きます。できたての新刊を、印刷所の人達が台車に乗せて“毎度~、できました~”とにこやかに持ってきてくれるわけです。

写真!

 なんと言いますか、1ヶ月の苦労がいきなり報われる瞬間。
 のはずなんですが、実際の感動としては、
「をを、これが完成品か!」
というよりも、
「あれ? もうできたの?」
のほうが強い。
 なんかおかしい。
 ていうか、スケジュール通りに進行しないとダメって言ってるぢゃん!
 印刷所の人が困るでしょ!
 いつもこんなだから、校了したと思ったら見本が出てきてビックリするんだよ。
 それって間違ってるから!
 とかなんとか言いつつ、今月のビリっけつは、ワ・タ・シorz
 いや、反省はしてますよ? 3秒しか覚えてないですけど。
 とまあ、毎度毎度グダグダなGA文庫編集部でありますが、せっかくなので新刊お披露目。
 今月はGA文庫大賞受賞作が2本、特殊な性癖をお持ちの方向けの新作1本、ポリフォニカの衣替え新作1本、そしてニャル子3巻、迷宮街3巻とバラエティに富んだラインナップ。
 順にK村的感想をさっくりと。
「ノブレス・オブリージュ ~茅森楠葉の覚悟~」
 GA文庫大賞奨励賞受賞作:なんとも小粋な女剣士達が大活躍する学園ドラマ。女の子の友情は美しいですねぃ。
「理の守護神さま。1.黒使の少女・龍方時雨(レイニー・レイン)」
 GA文庫大賞奨励賞受賞作:GA文庫には珍しい異能バトル。見どころは龍方時雨の壊れっぷり。あと見開き口絵。いやぁ、これはヒドイ。
「くりぽと すくすく☆魔法少女塾」
 魔法少女(小学生)。あとは察してください。
「神曲奏界ポリフォニカ レオン・ザ・ゴールド」
 レオン・ザ・レザレクターからの再スタート。レザレクターでいろいろ吹っ切れたレオンが、もっと脳天気に暴れ回る話。迷惑度200%UP(レザレクター比)。
「這いよれ! ニャル子さん3」
 衝撃のラストに刮目せよ! な怒濤の展開。このあとどうすんだろ。
「迷宮街クロニクル③ 夜明け前に闇深く」
 ダンジョンRPG好きとしては毎回目が離せないシリーズですが、今回は日常話が中心。のはずなのだけれど、やっぱり人は死ぬ。あっさり死ぬ。結果、日常シーンが全部死亡フラグに見える。困った。
 というわけで、10月の新刊をかる~くご紹介したわけですが、詳しい情報は公式ページを見てくださいまし。
 今月もおもろいでっせ~。


0

『 iPhoneでもGA文庫 』編

はじめまして。もなですっ!
皆さんご存知でしたか? 私がiPhoneユーザーだってこと。
K村編集長も最近購入したんですよ。しかも私より新しい3GSだなんて……。
いいな~いいな~機種変したいな~(ブツブツ)
いやいや・・・伝えたいこと間違えました。
実は実は、iPhoneでもGA文庫が読めるんです! (こっそりやり始めたんですよ。)
まだポリフォニカシリーズ始めたばかりだけど・・・だけど、
これからもっとたくさん出るはずっ!!
ということで、アメリカでもヨーロッパでもエトセトラ、
コーティーやマティアが、もう世界中で活躍ですよぉぉぉ!!
アメリカで見てくれたボーイ! Thank you !
ドイツで買ってくれたガール! Danke schon !
iPhoneユーザーの人はぜひお試ください。
文字も大きいし挿絵も口絵もちゃんと見られますし。
そしてそして、ページめくりが指一本で撫でるように!
う~んセクシぃ~。
ご購入は、こちらからポチっとネ
※ポリ赤1~4、ポリ黒1~3を配信中です。


0

GA文庫大賞の応募作のタイプの話

 よく見ていたサイトは「モノグラフ」。はじめましてサトと申します。GA文庫ではGA文庫大賞という新人賞を年二回の締め切りで開催しております。既に「這いよれ! ニャル子さん」をはじめ、続々とGA文庫大賞からのデビュー作が出ておりますので、よろしくお願いします。
 さて、このGA文庫大賞の応募作に関する話題です。毎回、多くの応募作を読ませて頂いているのですが、色々とタイプ分けができる気がします。
 それは絶対的なものではなく、あくまで傾向に対する印象レベルの個人的意見ですが。
■今、市場にあるライトノベル作品によく似た作品と、異なる作品
 既存の作品によく似た作品は、設定がわかりやすく、ヒロインが魅力的な作品の場合が多く、商品化のイメージもしやすいのですが、「どこかで見た事のあるキャラ設定、展開」が多く、「それを凌駕するオリジナリティ」が足りない場合が多い印象です。
 また、市場で一番人気の作品の影響を受ける作品が目立ち、半期ごとに傾向が変わっていたりもしています。
 一方で、既存の作品とは異なる作品は、個性的な作品が多く、選考時に二次~三次まで残った作品は物語もしっかりしているのですが、ライトノベルの読者層が感情移入できる主人公やヒロインなどのキャラ周りが弱い場合が多い印象です。
 ……どちらが有利という話でもないのですが、数を読んでいると大別して、こういう傾向がある気がします。
 応募されている方は、自分がどちらの傾向に近く、強化を意識すべきポイントはどこか? を考えてみるのも良いかもしれません。
■コミカルな話と、シリアスな話
 コミカルな面はキャラの行動や会話で出す場合が多く、場合によっては文体もあるかもしれません。
 時折、描写がコミカルになっていない、「コミカルな作品的な行動」を書いているだけの場合があります。会話に関しては同時代性的な所が重要なので、センスが古くならないように気をつけると良いかもしれません。文体に関しては意図的にコミカルにするのは難易度が高く、失敗して読み難いだけ、とならないように注意が必要でしょう。
 シリアスな話はどこまでキャラに感情移入できるか、説得力のある完成度かどうかで、評価が大きく変わる傾向があります。
 また、市場的な見地からですと、シリアスなストーリーの中にもコミカルな要素(キャラの掛け合いであったり、日常シーンであったり)の余地のある作品がヒット作に多い印象があります。
■面白い話と、そうでもない話
 編集長も言っていますが、カテゴリーエラー的な傾向はGA文庫大賞では、あまりないです。
 物語のクライマックスがポーカーでも、店主にアームロックをかける一人メシものでも、テロリストよりTUEEEコックが主人公でも良いでしょう……ただし傑作に限る。
 身も蓋もないですが、面白ければ正義かと、それがまぁ難しい訳ですが。
 そんな「何でもあり」なスタンスですが、それは「ライトノベルという市場に意識的」である作品をも内包するスタンス、と個人的には考えていたりします。
 GA文庫大賞の応募者さんのうち、希望される方には「評価シート」をお送りさせて頂いております。そちらで個別にはコメントをさせて頂いているのですが、応募作の全体的な傾向や、新人賞関連の話題を、今後も当ブログでも、お知らせできればと思いますので、どうぞよろしくお願いします。
「大事なのは間合い。そして退かぬ心だ」(Wahlrus・Farion)


0

「2次選考落選作品の評価シート」を発送しました!

はじめましてこんにちわ。
いつもGA文庫をご愛読いただきましてありがとうございます!
きょうはみなさまにお伝えしたいことがありまして、ページを頂き参上です☆
では……っと、その前に自己紹介ですね。
はじめまして。わたしはみっひーといいます。うさぎです。
半泣きのイラストですが、いじめられっ子ではありません……よ?
自己紹介はこんなところで。本題のご報告をば。
 発送が遅れていました「前期GA文庫大賞2次選考落選作品の評価シート」で
 すが、本日希望者のみなさまへ発送致しました。2、3日中にはお手元に届くと
 思いますので、楽しみにしていて下さいね。
 また、今後もGA文庫大賞の審査の進捗状況や評価シート発送状況はこのブ
 ログでお伝えしていこうと考えています。もちろん、現在作成中の3次選考落選
 作品、最終選考落選作品の評価シートも、発送できる段階になりましたらお知
 らせいたします。こちらに関しては、今しばらくお待ち下さいませ。
以上です☆
そうそう……お送りしている評価シートですが、このブログに顔を出している編
集部員が手分けして作成しています。
 手作りですよ。超手作り★
……ですので、もしかしたらこのブログを読んでいくうちに編集部員それぞれの
文章のクセが見えてきて、シートを作成したのが誰か判っちゃうかも知れません
ね。
わたしは発送作業をしている都合上、全員のものに目を通しているのですが、み
んなかなり書き方(=文章)に個性がありますよ! 読み慣れたらきっと判っ
ちゃうんじゃないかなっていうくらいに。
みなさまも、こっそり誰がシートを作成したのか想像してみてくださいね。
それではまたお会いしましょう。
ばいばい☆


0

▲TOPへ戻る