GA文庫大賞の応募作のタイプの話

 よく見ていたサイトは「モノグラフ」。はじめましてサトと申します。GA文庫ではGA文庫大賞という新人賞を年二回の締め切りで開催しております。既に「這いよれ! ニャル子さん」をはじめ、続々とGA文庫大賞からのデビュー作が出ておりますので、よろしくお願いします。
 さて、このGA文庫大賞の応募作に関する話題です。毎回、多くの応募作を読ませて頂いているのですが、色々とタイプ分けができる気がします。
 それは絶対的なものではなく、あくまで傾向に対する印象レベルの個人的意見ですが。
■今、市場にあるライトノベル作品によく似た作品と、異なる作品
 既存の作品によく似た作品は、設定がわかりやすく、ヒロインが魅力的な作品の場合が多く、商品化のイメージもしやすいのですが、「どこかで見た事のあるキャラ設定、展開」が多く、「それを凌駕するオリジナリティ」が足りない場合が多い印象です。
 また、市場で一番人気の作品の影響を受ける作品が目立ち、半期ごとに傾向が変わっていたりもしています。
 一方で、既存の作品とは異なる作品は、個性的な作品が多く、選考時に二次~三次まで残った作品は物語もしっかりしているのですが、ライトノベルの読者層が感情移入できる主人公やヒロインなどのキャラ周りが弱い場合が多い印象です。
 ……どちらが有利という話でもないのですが、数を読んでいると大別して、こういう傾向がある気がします。
 応募されている方は、自分がどちらの傾向に近く、強化を意識すべきポイントはどこか? を考えてみるのも良いかもしれません。
■コミカルな話と、シリアスな話
 コミカルな面はキャラの行動や会話で出す場合が多く、場合によっては文体もあるかもしれません。
 時折、描写がコミカルになっていない、「コミカルな作品的な行動」を書いているだけの場合があります。会話に関しては同時代性的な所が重要なので、センスが古くならないように気をつけると良いかもしれません。文体に関しては意図的にコミカルにするのは難易度が高く、失敗して読み難いだけ、とならないように注意が必要でしょう。
 シリアスな話はどこまでキャラに感情移入できるか、説得力のある完成度かどうかで、評価が大きく変わる傾向があります。
 また、市場的な見地からですと、シリアスなストーリーの中にもコミカルな要素(キャラの掛け合いであったり、日常シーンであったり)の余地のある作品がヒット作に多い印象があります。
■面白い話と、そうでもない話
 編集長も言っていますが、カテゴリーエラー的な傾向はGA文庫大賞では、あまりないです。
 物語のクライマックスがポーカーでも、店主にアームロックをかける一人メシものでも、テロリストよりTUEEEコックが主人公でも良いでしょう……ただし傑作に限る。
 身も蓋もないですが、面白ければ正義かと、それがまぁ難しい訳ですが。
 そんな「何でもあり」なスタンスですが、それは「ライトノベルという市場に意識的」である作品をも内包するスタンス、と個人的には考えていたりします。
 GA文庫大賞の応募者さんのうち、希望される方には「評価シート」をお送りさせて頂いております。そちらで個別にはコメントをさせて頂いているのですが、応募作の全体的な傾向や、新人賞関連の話題を、今後も当ブログでも、お知らせできればと思いますので、どうぞよろしくお願いします。
「大事なのは間合い。そして退かぬ心だ」(Wahlrus・Farion)


0

「2次選考落選作品の評価シート」を発送しました!

はじめましてこんにちわ。
いつもGA文庫をご愛読いただきましてありがとうございます!
きょうはみなさまにお伝えしたいことがありまして、ページを頂き参上です☆
では……っと、その前に自己紹介ですね。
はじめまして。わたしはみっひーといいます。うさぎです。
半泣きのイラストですが、いじめられっ子ではありません……よ?
自己紹介はこんなところで。本題のご報告をば。
 発送が遅れていました「前期GA文庫大賞2次選考落選作品の評価シート」で
 すが、本日希望者のみなさまへ発送致しました。2、3日中にはお手元に届くと
 思いますので、楽しみにしていて下さいね。
 また、今後もGA文庫大賞の審査の進捗状況や評価シート発送状況はこのブ
 ログでお伝えしていこうと考えています。もちろん、現在作成中の3次選考落選
 作品、最終選考落選作品の評価シートも、発送できる段階になりましたらお知
 らせいたします。こちらに関しては、今しばらくお待ち下さいませ。
以上です☆
そうそう……お送りしている評価シートですが、このブログに顔を出している編
集部員が手分けして作成しています。
 手作りですよ。超手作り★
……ですので、もしかしたらこのブログを読んでいくうちに編集部員それぞれの
文章のクセが見えてきて、シートを作成したのが誰か判っちゃうかも知れません
ね。
わたしは発送作業をしている都合上、全員のものに目を通しているのですが、み
んなかなり書き方(=文章)に個性がありますよ! 読み慣れたらきっと判っ
ちゃうんじゃないかなっていうくらいに。
みなさまも、こっそり誰がシートを作成したのか想像してみてくださいね。
それではまたお会いしましょう。
ばいばい☆


0

今日からアナタもクリ・ポト派!?

パンがないならGA文庫を読めばいいと思う
……はじめまして、アズラエルです。
初書き込みとなる今回は……10月に発売されるGA文庫の中から、小幡休彌さんの新シリーズ「くりぽと すくすく☆魔法少女塾」を紹介していくので、心して読まない人は死ねばいい。
この作品は、主人公が小学生の魔法少女たちからロリコン扱いされたりストーカー扱いされたりしながら、魔法塾の助講師として振り回されるお話。なんだか理不尽で楽しそうね。
表紙を飾るのは、八重樫南さんが描くちょっとナマイキでかわいい女の子、星神りりす。サキュバスと人間、両方の血を引くカンビオンである彼女は、人を魅了する魔眼や変身能力を持っているんだけど、変身時には服を着ているわけにはいかないの。ということは必然的に……あとはわかるわね?
そんなキュートな小学生ヒロインたちとの日常に心惹かれる紳士諸兄は、発売日を心待ちにするといいと思う。
ところで、メインタイトルになっている「クリポト」というのは、魔術関連で登場する用語の1つ。間違って「ろりぽと」なんて読んだら……ちょん斬るわよ。


0

アニメイト限定版出ます!

写真!

急な告知で申し訳ないであります。
ニャル担の えむもと です。
すでにGAグラフィックではニュースにしていただきましたが、
今月15日発売予定の、
「這いよれ! ニャル子さん」3巻は、な、な、なんと!!!
(大げさ……)
アニメイトさんで限定版が発売されちゃいます!
お近くにアニメイトさんがある方は是非、見るだけでも!!!
(そして、よろしければお買い上げを……)
「うちの近くにはないぞー!」
と言う方は、アニメイトさんは通販もあるようなのでよろしければ~。
(数量限定なので、万が一売り切れの場合はご容赦くださいませ)
表紙は見てのとおり、スク水のニャル子であります。
――あざとくて、すみません、すみません!!!!
いや、正直な話。
もとより、変幻自在のニャル子でありますので、
何を着せたらいいのか、判断がつかなかったのが事実だったりします。
メガネか?
メガネッ娘にすればよかったのか!?
うーん。
よろしければ、アンケートハガキにでも
「ニャル子に着てもらいたいコスプレ(衣装)」
を書いて、是非ご意見をお寄せ下さい!
もし次回があったとき、参考にさせていただきます!
(わりと、真剣と書いてマジ)
……ひ、人まかせなんかじゃぁないんだからね!
みんなの見たいニャル子をお届けしたいだけなんだからねっ!
…………。
みんなが良いと思うニャル子がニャル子なのです。
アニメイト限定版通販ページ


0

なぜなにGA文庫・-カテゴリーエラー-の巻

 編集長K村です。またもやってきました“なぜなにGA文庫”の第2回。今回のお題は、最初から意識せずともそうなっている人ならいいんですが、そうじゃない人はちょっと考えた方がいいですよ、な“カテゴリーエラー”の話。
 ネットなどを見ていると、よく「カテゴリーエラーで落とされるんじゃ」みたいなことを書いている人がいるのですね。「ホラーっぽいの書いちゃった」とか「主要キャラクターがオッサンで」とか。
 で、それについて編集部からぶっちゃけた話をすると、実はカテゴリーが審査に影響を与えることはないのです。
 例えば、学園モノじゃないから×とか、主人公が中高生じゃないから×とか、そんなことはしません。ジャンルも、SFだったりミステリーだったり、ホラーだったり、いろいろあっても困らない。むしろなんでもいらっしゃい、というのが編集部の基本スタンス。なので、気にせずジャンジャカ書いてOK。
 ただし、それは何を書いて応募しても大丈夫、という意味ではありませぬ。
 題材やジャンルは何がきてもいいけれど、対象読者をちゃんと意識して書いているか、についてはシビアに見る。
 そこで注目。応募要項の前振りに、
“GA文庫では10代~20代のライトノベル読者に向けた魅力あふれるエンターテインメント作品を募集します。”
と書いてあります。
 この部分。ここ大切です。試験に出ます。てか、ここのところは、審査に関わってきます。
 GA文庫はライトノベルレーベルです。で、GA文庫大賞はGA文庫編集部による、GA文庫読者、ひいてはライトノベル読者に向けた賞なのです。だったらライトノベル読者が喜ぶもので応募しないとダメだよね、という話。
 で、自分がおもしろいと思えるかどうかについてはみなさん意識しているはずなんですが、例えば身の回りで条件に合致する人が喜んでくれるような話かどうかについて、ちゃんと考えてない人が意外といるような気がする。
 自分がおもしろいと思えるかどうか、というのは作り手として大事なんですが、エンタテインメントである以上、受け手が喜んでくれなければ意味がない。そこが実は一番大切で、かつ大変だったりするのですね。
 まあ逆に言うと、“10代~20代のライトノベル読者が楽しめる作品”であれば、何を送ってきても大丈夫。なんかいろいろ書きましたが、カテゴリーやジャンルは気にしないでOK。ただ、対象読者のことは意識しましょう、ってそれだけのこと。
 応募を考えているみなさんは、そのあたりをちょっとだけ頭の隅に置いて作品に向かってくださいませ。


0

▲TOPへ戻る