筆名か本名か……。

第2回GA文庫大賞の締切もいよいよ今月末に!
いままさに執筆されている皆さんは、ラストスパートの季節でしょうか。
この、第2回大賞で授賞されたかたがたがデビューされるのは来年春以降ですかね。
すぐのことのようであり、遠い話のようでもあり……。
その前に、編集部一同には選考という重要案件が待っているのですがっ!
<ここ最重要ポイント。
……どんな作品が送られてくるのか、楽しみな えむもと でございます。
で、ですね。
今回の表題の話。
作家さん達は全員がペンネーム・筆名を使用しているのかというと、
そんなことはモチロンなく。
意外と本名で書かれている方も多くいらっしゃいます。
今のところ、送られてくる投稿作品はデータを見る限り、
本名派はあまりいらっしゃらないようですね。
いえ、どちらでもまったくもってかまいませんが。
たとえば、他社でデビューされていて、最初から筆名で
(それが本名だったとしても)知り合った場合、
当然でありますが、呼びかけはその名前でおこなっています。
他にお呼びしようがないので、当たり前なんですが。
です、が。
弊社でデビューされた方の場合。
この切り替えが、なんかこう、どのタイミングなのかが難しいんですよね。
――いえ、あくまで個人的な話なんですけど。
初めてお電話したのに、いきなり筆名で呼びだしとか、さすがにないわけで。
そんなことされたらビックリしますよねぇ? 普通。
(と、思うのですが、どうなんでしょうか)
で、それがちょっとばかり続いてしまうと、
今度は切り替えるタイミングを見失うというジレンマ……。
しょうがないので、正直に
「えー、本日より筆名でお呼びしますね!」
などと告知したことがあるというていたらくっぷり。
(あくまで、えむもと的な話でありますよ?)
いや、なんかこう宣言しないと曖昧になっちゃうような気がいたしまして。
もっとも、このタイミングで
「いえ、本名でいいっす!」と言われたこともあるんですが。
というわけで、一概にはなんとも言えないのでありますがね。
そんな他愛もないことで、ちょっと悩む(?)こともあるというお話でした。
皆さん、ペンネームを付ける機会がある場合はぜひ、
「声に出しても、呼びやすい」名前でご一考いただければと思います(笑)。


0

▲TOPへ戻る