新兵器登場!

 いよいよ寒くなってきた今日この頃。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
 GA文庫K村です。
 さて、本日は寒い冬に対抗するための新兵器のご紹介。


 えっと、10代のみなさまには馴染みがないと思いますが、これ、カイロです。
 その名もハクキンカイロ
 プラチナをまぶした綿状の触媒と気化したベンジンを反応させてぬくもる、という代物ですが、これが実に暖かい。
 燃料がベンジンなので、若干取り扱いに注意が必要ではありますが、実際にやることと言えば、付属の計量カップを使って中の綿にとぽとぽとぽ、としみこませるだけ。
 そのベンジンだって、専用ベンジン以外に、キャンプ用のホワイトガソリンとかジッポーライター用のオイルが使えたりします。もちろんその他カイロ用のベンジンでも多分大丈夫。モノによっては臭くなるらしいのであまりオススメしませんけど、その意味でも利便性が高い。
 燃料の補充に関して言うと、ジッポーなどのオイルライターとやってることはほぼ同じ。難しいところはありませんです。
 当然持続時間は入れる燃料の量で調整できます。写真のBMというモデルで最大18時間。ライターの付いてないピーコックというモデルだと24時間。
 一度付けたら一日中持つ、というのは実に心強い。ゴミも出ないしね。
 ちなみにこのライター部分ですが、タバコに火を付けるためのパーツではありませぬ。
 このカイロは、触媒反応を起こすために最初火口を温める必要があるんですが、このパーツはそのためのライター。なので、ライターが付いていないモデルは百円ライターで最初だけ火口をあぶる必要があります。
 K村的使い方は、火を入れてフリースのポケットに入れ、その上から上着を着るというもの。夜中に一人で起きてゴソゴソしているときとか、長時間外をうろうろするときとか、上半身全体がほんわかぬくもって幸せ。
 あまりの使い勝手の良さに、今年はスキーに行こうかな、とか冬のキャンプでもいっちょ行ったろか、という気にさえなる。すげー。
 まあ冬のキャンプはホントに寒いんでパスするとして、唯一の弱点が、臭い。
 液体燃料を使う都合上しかたないんですが、若干臭いがあります。これが気になるようだと、ちょっと使いにくいかなぁ。あと、低温ヤケドに注意する必要があるのは、この手の暖房器具の常。
 とはいえ、実際使ってみると意外なほど出番があります。寒さに震える日々を過ごしている人は、ぜひ一度お試しあれ。ぬっくいぜ~~~~。
 ちなみにこのハクキンカイロですが、ジッポーからOEMなんじゃなかろか、と思われる商品が出てます。気になる人は、“ジッポーハンディウォーマー”で調べてくださいまし。Amazonや東急ハンズで取り扱いがあるみたいです。


0

▲TOPへ戻る