7月発売・新人賞受賞作「小泉花音は自重しない 美少女助手の甘デレ事情と現代異能事件録」

こんにちは、GA文庫編集部のぺんぎーです。

本日は7月に発売する第11回GA文庫大賞《奨励賞》受賞作

小泉花音は自重しない 美少女助手の甘デレ事情と現代異能事件録

ご紹介です!


■あらすじ

 突然変異によって生物に異能力が発現するようになって40年。俺は幼馴染の小泉花音とコンビを組んで、異能犯罪を取り締まるフリーランスの捜査官をしている、のだが……

「さあれー君、一緒にお風呂しよう。大丈夫、なんにもしないから!」

 俺はなんでこんな変態とコンビ組んじゃったんだろうなぁ……

 発電能力を操る花音は当代随一の能力者。俺たちの元には面倒な事件が次々やってくる。街の平和のため、そして因縁深いとある能力者を捜すため、俺たちは今日も街を駆ける!

「だってれー君、一人じゃ何にもできないんだから!」

 ウザヒロイン×異能の現代バディアクション開幕!


凸凹コンビがイチャイチャしながらトラブル解決!な現代異能バトルアクションです!

著者は本作(投稿時タイトル「雲蒸竜変 黙シテ語ラズ」)でデビューの高町京先生。

イラストレーターは「陰の実力者になりたくて!」など人気タイトルを多数手がける東西先生です。

 

この作品の魅力はなんといってもヒロイン、小泉花音

主人公とバディを組んで異能犯罪を取り締まる、ストレイドッグとして活躍する花音。

発電能力者(エレクトロキネシスト)として、超高出力の電撃を身体に纏う必殺の「雷纏」を武器にする、

当代随一の異能力者なのですが――

 

 

「れー君、お風呂のドアちょっと開けとくけど、覗いちゃダメなんだからね! 絶対ね!」

「ヘイヘイ、れー君ビビってるぅ」

「全人類の妹的存在、それが私!」

「ちゅーしてくれれば、秒で回復するんですけど」

「私にする? 私にする? それともわ・た・し?」

「この可憐にして清廉な花音さんはピュアっピュアだよ!」

 

この人、主人公である“れー君”のことが大好きすぎるちょっとやばい人なのです。

そんなやばい相棒と一緒に、異能を駆使して街のトラブルを解決してまわる主人公たち。

 

投稿時タイトル「雲蒸竜変 黙シテ語ラズ」に悖らず、

異能力者が集い英雄的に大活躍するのはもちろん、

それは蛇が竜になるがごとく、怒涛の展開で物語の姿が大きく変化する意欲作です!

 

雲蒸竜変(うんじょう-りょうへん)

雲が群がり昇るにつれ、蛇が竜となって天に昇る意。時流に乗じて、英雄・豪傑が大活躍するたとえ。

 

小泉花音は自重しない 美少女助手の甘デレ事情と現代異能事件録」は

7月15日頃発売です!

ご期待ください!


0

▲TOPへ戻る