9月新刊のご案内なんだよっ☆

みっひーだよん。こんにちわっ。
朝晩はだいぶ快適になってきましたが、日中はまだまだ暑いですねー。
みなさまお風邪など引いていませんか?
季節の変わり目。健康に気をつけてくださいまし★
さ・て・と、9月ももう半ばになりました。
GA文庫の新刊が発売ですよーっっ!
今回は……新シリーズ2点を含む、こちらの5作品!
100916shinkan.jpg
それでは、わたしがそれぞれご紹介♪
「桐咲キセキのキセキ」
「封仙娘娘追宝録」シリーズの、ろくごまるにさんがGA文庫に初登場! 病の母を助けるため桐咲家の後継者争いに参加する少女・キセキと、彼女に「かつて出逢った少女」の影を見て、手助けすることを決めた歴代最強の遊撃部長・Kの物語。
桐咲家当主の座と、キセキの魂を巡って展開する、ギリギリの思考バトルが見どころ!
「魔王はあまねく愛をまく!」
「シャムロック」の沢上水也さんが贈る新シリーズ! 魔王の息子・桜山流星は、「魔王子」に相応しい花嫁候補に「子孫繁栄のため」と無意識にセクハラしちゃう呪いを受けてしまいます! 相手は幼なじみの少女や、学園の美人生徒会長。だけど彼女たちも彼女たちで、ある目的から流星に近づいてきて……!?
全編セクハラいっぱい。かなりエッチなラブコメディ☆
「無限のリンケージ4 ―サムライ・インパクト―」
ラーベルトの次の対戦相手は、コーチ・オデットの兄弟子にして、何とデビューから9年間無敗を誇るハイドラ「ハルト・ミウラ」。サクヤの大先輩で切断力場の第一人者「ガットゥサイ」を擁し、最強の布陣で相対する強敵に厳しい闘いを覚悟するラーベルトだけど……。
ハルトの闘いに賭ける「覚悟」から、ラーベルトも自身の「覚悟」を試されることに!?
「おと×まほ11」
春――それは出会いの季節。無事2年生に進級した彼方のクラスに転校生がやってきた。野々下深未と名乗る少女は、教室での自己紹介でいきなり自分のスカートをたくし上げようとするとても変わった少女。その上、そんな転校生には大きな秘密があって――!?
彼女が巻き起こす大騒動。新展開の第11弾スタート!
「織田信奈の野望4」
越前の朝倉を攻めるため出陣した信奈たち。ところが浅井家の突然の裏切りで絶体絶命の死地に立たされてしまい――! いわゆる「金ヶ崎の退き口」の途中から始まる今回の物語。玉砕確実のしんがり役に名乗り出た良晴は、果たして生きて帰ることが出来るのか!? そして、敗走する信奈を待ち受ける更なる困難とは!?
緊迫の展開に、冒頭から目が離せません!
――ということで、今月の新刊は全5点!!
是非是非書店で手にとって頂けると幸いです☆
各作品のあらすじは、こちらの公式ページにございますで、良かったらこちらもチェックしてみてね。
じゃね☆


0

ついったーとコミケグッズのまき。ですに!

100910sabrina.gif
全国つつうらうらのGAぶんこ読者のみにゃさん、こんにちはですに!
さてさてみにゃさん、「ついったー」はやっていらっしゃいますに?
すでにご存じのかたもおおいかもしれにゃいのですが、GA文庫では各へんしうたんとうが「ついったー」でときどきつぶやいているのですに!
ときには「アブラブ」じょうほうを、そしてまたときには「こしあんだんご」じょうほうを、さらには「らーめんなう」情報まで、へんしうちょうみずからがつぶやいていたりいたしますに★
ここで、へんしうぶのみんにゃの「ついったー」情報をまとめておきますに。
よろしければ、ゆるりとフォローなどしてほしいのですに。






K村GA_bunko
えむもとGA_Mmoto
サトGA_SATO
アズラエルGA_Azrael
NekopyonGA_Nekopyon
編集TGA_hensyu_T
みっひーGA_mihhy
もなGA_mona
カトリーヌGA_Catherine

……このほか、おもにしょてんさまにGA文庫をオススメする営業さん情報もあわせてチェックすると、なにやらよい情報がてにはいるかもしれないのですに!!
GA文庫ウラカタ GA_eigyo
そしてさらに! GA文庫作品のヒロインたちがつぶやいている「ついったー」もおわすれなく!! 
「ふぁみまっ!」のサブリナちゃんがときどきつぶやいておりますに? ……スィ、ですに!!
サブリナGA_Sabrina

「這いよれ! ニャル子さん」かんれんの「ついったー」もいっぱいあるのですが、それは えむもとさん か もにゃさん が、きっと機会をあらためて紹介してくれるはずですに! どうかおたのしみに! なのですに!!
――そして、最後にたいへんお待たせしました!

100910nyaruko.gif

ことしの夏コミではんばいしたグッズのいちぶが、SBCr Shopでおかいもとめいただけるようになったですに!
よろしければこちらもぜひのぞいてみてほしいのですに♪


0

新学期スタートな「おと×まほ 11」は9月15日発売!

 なぜか見るようになったサイトは「売りスレまとめR」、サトです。今回は9月15日発売の「おと×まほ 11」のお話。


100907otomaho01.gif

「おと×まほ」は、GA文庫でデビューした白瀬修先生と、「別冊少年マガジン」で「じょしらく」を連載中のヤス先生のコンビによる作品です。
 ある日、母様から魔法少女にさせられた男子中学生、白姫彼方を中心とした魔法少女コメディなのですが、1巻刊行当時は今ほど「女装少年」がメジャーではなかったんですよね。
 そこで1巻のあらすじや帯で、彼方が「おとこの娘」であることを出すべきかどうか、議論になったりしました。
 最終的には「出さない」方向性になったのですが、
・「おとこの娘」好きはアンテナの感度が高いのですぐに気付いてくれる
・ジャンルを出さない方が、逆に広く手にとってもらえるのでは
といった理由な感じでした。
 実際、刊行後は「おとこの娘」界隈(?)にすぐ広まり、おかげさまで人気作になることができました。
 そんな「おと×まほ」も、11巻では白姫彼方も二年生になり、転校生が急接近してきたり、身体測定があったりと、「萌え」も「燃え」もパワーアップした内容ですので、よろしくお願いします!
ここでヤス先生による口絵を少し公開。
かなたん大ピンチ!?


100907otomaho02.gif


0

「クインテット!3」刊行スケジュール復帰によせて

……こんにちは、アズラエルです。
みなさんは「クインテット!」というタイトルに聞き覚えあるかしら? ない? まったく、まるで聞いた覚えもない? そうよね。担当のわたしも、もはやおぼろげにしか覚えてないもの……。正直ときどき「あれ? クインテット! だっけ? クインテッド! だっけ?」ってなるし、「斎藤」さんと「斉藤」さんくらい見分けがつかないわよね。
まあ、とにかく昔々、まだ地上を恐竜が闊歩していた時代に「クインテット!」って小説がGA文庫から刊行されてたのよ。あら、ウチって結構老舗レーベルだったのね。まあそれはさておき、そんなGA文庫から2007年12月に刊行予定だったのが、この「クインテット!3」。つまりデビュー二年目の腰まである駆け出しのくせして、2年10カ月も締め切りをブッちぎったってわけね…………。
そんなわけで、今日はGA文庫の10月刊行予定に、しれっと復活したタイトル「クインテット!3」について、著者の起後屋鉄舟先生を追及……じゃない、いろいろとお伺いしていきたいと思います。起後屋先生、こんにちは。
起後屋鉄舟(以下、起後屋):こ、こんにちはー。あはは……さいなら!
無駄よ、ウチの会社のセキュリティシステムを見くびってもらっては困るわ。社員証がないとドアのロックが解除できないんだから。2巻の執筆時に編集部にカンヅメにされたあなたは、身をもってそれを経験したはず。
起後屋:そうだった! あれ以来編集部から逃げ回ってたせいで忘れてた!
わかったら諦めて戻ってらっしゃい。断頭台に向かう罪人のようにね! ……さて、そもそもの刊行予定から、キングクリムゾン並みに時をすっ飛ばして、2010年10月刊行になったわけだけど、起後屋先生としてはどう思ってますか?
起後屋:…………はい。
2年10カ月といったら、高校一年生のときライトノベルを楽しんでた男の子が、高校卒業とともに「ラノベも卒業だな。あのクインなんとかって作品好きだったけど続き出ないし、もういいや」ってなってもおかしくない年月なわけだけど、どう思う?
起後屋:………………はい。
前巻のラストで、大きな伏線が判明したり、敵っぽい勢力との決着が先延ばしになったりして、さぁこれからどうなるんだ!? ってところで生殺しにされたらどう思う?
起後屋:……………………はい。
2年10カ月、日数にして約1000日。一日に原稿用紙1枚書いたとしても、1000枚の大作が完成しそうな計算なわけだけど――
起後屋:あーもうわかったよっ! そうだよ、俺が全部悪いんだよっ! はいはい、○樫病○樫病。なんか急に書けなくなっちゃう例のアレに罹っちゃったの! チッ、うっせーな。反省してま~す。
発言に気をつけなさい。何があなたの最期の言葉になるかわからないわよ?
起後屋:すいませんすいません調子乗りました土下座でいいですか靴の裏ペロペロ。いや、実際、海よりも深く反省しております!! 僕なんかの作品を楽しみにしてくださっていた読者の皆様、本当に申し訳ありませんでした!!
それで起後屋的には、書き上げてみた感触はどうなの?
起後屋:渾身の謝罪をスルー気味のうえ呼び捨て!? いや、でもそれくらいの扱いが妥当ですよね……。えっと、正直かなり四苦八苦して書き上げた3巻ですが、最終的には読者の方に納得いただけるクオリティの作品に仕上げられたたたたと思います、多分。
まぁ、ここまでの起後屋の刊行遅延ぶりに納得できる読者はいないと思うけれどね
起後屋:だから、さっきから言葉強すぎるでしょう! なんでそんなソリッドに責め立てるんスか! 反省してますってば! あと、さっきからずっと気になってたんだけど、僕の名前「起」後屋じゃなくて「越」後屋だから! わざと嫌がらせしてるんだろうけれども!
……チッ!
越後屋:やっぱわざとかよ! なんなのもう!? カンジ悪いわー。
それでなに? ナマイキにも10月に3巻、11月に4巻の連続刊行するんですって? ていうか、3巻完結じゃなかったの?
越後屋:か、書いてる最中も、「アレ? おかしいな。長くね?」とは思ってたんですけど、なんか書いてるうちにどんどん長くなってきちゃって、あはは……。か、完全に尺読み間違えました。さっき原稿用紙1000枚って話題出ましたけど、ホントに1000枚超えちゃいました。ただ、あの、「クインテット!」という作品は僕の中では「家族」にスポットを当てた物語なので、それを総括するには、やはり一冊では足りなかったというか……ですがそのぶん当初思っていたよりもかなり深く、椿家というコミュニティの絆をですね――
あ、そろそろ字数的に限界がきたようなので、今日はこのへんで。
越後屋:ちょっ、えええええっ? いま僕結構頑張って自著を紹介しようとしてたじゃん! なんで途中で切るの!? 担当なんだから、せめてあんただけは僕の味方でいてくれるべきなんじゃねーの! なんなの? この戦場で後ろから撃たれる感!? 大体Webなんだからそんな字数制限キツくないよね!?
そんな越後屋鉄舟先生が、1000日間もの月日を費やして血を吐く思いで書き上げた、空前絶後の大傑作にして完結編「クインテット!3」「クインテット!4」。気が向いたら読んでやってくださいな。遅筆のおかげで巻数少ないので、未読の方はこれを期に1巻からぜひどうぞ。読者の方に「待った甲斐があったなー」と言っていただけるかどうかは断言できませんが、「これで延期さえなけりゃなー」と言っていただけること、間違いなしです!
越後屋:高い高い! 無闇にハードルを上げないでっ! でも、よろしくお願いします!
いまのうちに一巻から読んでおこう、という方はこちらへ。



100903quintet01.jpg




100903quintet02.jpg


0

▲TOPへ戻る