GA文庫

GA文庫TOP > シリーズ紹介 > 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」特設ページ > 既刊紹介







ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10


著:大森藤ノ イラスト:ヤスダスズヒト
価格:660円+税

 理知を備えるモンスター『異端児』との邂逅も束の間、ベルはウィーネと引き離されてしまう。懊悩の日々に埋もれるベルだったが、ウィーネにも魔の手が迫ろうとしていた。そして、
『武装したモンスターの大移動を確認!ギルドは討伐任務を発令します!!」
 暴走する『異端児』によって賽は投げられた。引き鉄となったのは暴悪な狩猟者達、代償は都市の全派閥を巻き込む動乱。激動のオラリオで少年は決断を迫られる。人類とモンスターの狭間で、ベルは──。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10
小冊子付き限定版

著:大森藤ノ イラスト:ヤスダスズヒト
価格:970円+税

 人気シリーズダンまち第10巻には、小冊子付き限定版が通常版と同時発売!
 小冊子のカバーはポンカン8先生のゲストイラスト! さらに大森藤ノ先生書き下ろし短編に加え、「ヤングガンガン(スクウェア・エニックス刊)で『ダンまち』コミック版を連載中の九二枝によるスペシャルコミックを収録した超豪華内容でお届けいたします!

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 9


著:大森藤ノ イラスト:ヤスダスズヒト
価格:640円+税

 新たなダンジョン階層域『大樹の迷宮』に進出したベルは、竜の少女・ウィーネと出会う。人語を話し、人からも怪物からも襲われる孤独な少女を保護することを決めるのだが……。
 忍び寄る狩猟者達の魔の手、覆すことのできない人と怪物の軋轢、そして動き出すギルドの真の主。一匹の竜の少女を巡り、都市に波乱がもたらされる。
 人と怪物、神々を揺るがす異常事態──ダンジョンの異変に迫る迷宮譚第九弾!

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 8


著:大森藤ノ イラスト:ヤスダスズヒト
価格:730円+税

 軍神アレス率いる王国軍。迷宮都市へ進撃する軍勢その数、三万。迫りくる軍靴の音に、オラリオは──何も変わらなかった。
 強過ぎる冒険者達の手によって市壁の外で侵略者達の悲鳴が上がる中、オラリオは平穏な日々を過ごしてゆく。
 小人族の求婚、愛しのボディガード、街娘の秘密、神々への恋唄──そして女神が紡ぐ愛の歌。
 神と子供達が送るささやかな日常編!

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 8
【ヘスティア】グラフィグ付き限定特装版

著:大森藤ノ イラスト:ヤスダスズヒト
価格:980円+税

 TVアニメも好評放送中の「ダンまち」の最新第8巻が6月刊に登場!
 さらに、今回は大人気ヒロインの【ヘスティア】グラフィグ付き限定特装版も同時発売されます!
 もちろん限定版のカバーイラストはヤスダスズヒト先生の描き下ろしと超豪華仕様!

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7


著:大森藤ノ イラスト:ヤスダスズヒト
価格:710円+税

 『戦争遊戯』という激戦を乗り越え新に眷族となったリリ、ヴェルフ、そして命。
 ベルのもう一つの家族。深まる絆。だが、命を追ってベルが迷い込んでしまった場所はオラリオの歓楽街。【イシュタル・ファミリア】が管理する『夜の街』。そこで少年は囚われの身である極東の少女、春姫と出会う。
 蠢く陰謀に呑み込まれるベルが下す選択は──。
これは、少年が歩み、女神が記す、
── 【眷族の物語】──

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7
ドラマCD付き限定特装版

著:大森藤ノ イラスト:ヤスダスズヒト
価格:2,000円+税

 ドラマCDはTVアニメキャストが出演!
 シナリオは大森藤ノ先生書き下ろしによる、珠玉のエピソード3点を収録!
 さらにヤスダスズヒト先生描き下ろしの限定イラストパッケージ仕様!

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 6


著:大森藤ノ イラスト:ヤスダスズヒト
価格:640円+税

『戦争遊戯』──対立する神々の派閥が総力戦を行う神の代理戦争。勝者は敗者の全てを奪う。そして敵神の狙いは──
「君の眷族、ベル・クラネルをもらう!」
 戦争開始まで期限は一週間。追い打ちをかけるように今度はリリが【ソーマ・ファミリア】に捕らえられてしまう!
 絶望的な状況の中、それでも少年と『出会い』、幾多の『冒険』を経た絆が今ここに集結する。全ては勝利のために!

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 6
小冊子付き限定版

著:大森藤ノ イラスト:ヤスダスズヒト
価格:970円+税

 アニメ化が発表された「ダンまち」の最新第6巻には、小冊子付きの限定版が同時発売されます!
 限定版のカバーはもちろんヤスダスズヒト先生描き下ろし!
 さらに小冊子には、大森藤ノ先生の書き下ろし短編に加え、超豪華イラストレーター陣によるゲストイラスト集や「ダンまち」キャラクターのイラストギャラリー&設定集を収録!
※ゲストイラストレーター:NOCO、飯塚晴子、兎塚エイジ、神奈月昇、たかやKi、みけおう、ヤス

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 5


著:大森藤ノ イラスト:ヤスダスズヒト
価格:650円+税

 「リリ達は囮にされました!」
 鍛冶師のヴェルフを加え中層へと進んだベル達。しかし他パーティの策略により、ダンジョン内で孤立してしまう。
 ヘスティアはベルを救うため、Lv.4の元冒険者・リュー、さらには神・ヘルメスと共にダンジョン侵入を試みるが……
 「──階層主!?」
 立ち塞がる最凶の敵が、ベル達を更なる絶望へと追いつめる。希望を求め、決死行が繰り広げられる、迷宮譚第五弾!

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 4


著:大森藤ノ イラスト:ヤスダスズヒト
価格:620円+税

 先のミノタウロス戦での勝利により、Lv.2到達、世界最速兎となったベル。オラリオ中の注目を集めることとなった少年の元には、仲間への勧誘が絶えない。
 そんな折、自身の装備《兎鎧》を創った鍛冶師のヴェルフと仲間を組むことに。しかも、彼は圧倒的な力を誇る《魔剣》唯一の創り手らしいのだが……?
 犬人ナァーザ、そして女神ヘスティア、ベルが交わした2つのアナザーエピソードも収録!

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 4
小冊子付き限定版

著:大森藤ノ イラスト:ヤスダスズヒト
価格:848円+税

 「ダンまち」第4弾には豪華小冊子付きの限定版が登場! 小冊子には、大森藤ノ書き下ろしの短編やキャラクター相関図、コミック版作画の九二枝によるスペシャルコミックと充実の内容でお届け!
 さらに、小冊子の表紙は深崎暮人描き下ろしイラストとなっており、来月発売予定の「ダンまち外伝 ソード・オラトリア」の限定版小冊子と二つで一枚のイラストになる超豪華仕様!

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 3


著:大森藤ノ イラスト:ヤスダスズヒト
価格:600円+税

「……君は、臆病だね」
「!?」
「臆病でいることは冒険で大切なこと。
でもそれ以外にも、君は何かに怯えてる」

突如憧れの女性【剣姫】アイズと再会を果たしたベル。
そこで突きつけられてしまった事実。自分を抉る最大の因縁。
紅い紅い、凶悪な猛牛・ミノタウロス。
少年はそんな自分を情けなく思った。
そして少年は初めて思った。僕は── 英雄になりたい。

『偉業を成し遂げればいい、人も、神々さえも讃える功績を』

これは、少年が歩み、女神が記す、
── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 3
書き下ろし短編小説&ゲストイラスト集付き限定版

著:大森藤ノ イラスト:ヤスダスズヒト
価格:933円+税

GA文庫「ダンまち」3巻に、書き下ろし短編&ゲストイラスト収録の小冊子付き限定版が登場!
大森藤ノ×ヤスダスズヒトが贈る、
第4回GA文庫大賞《大賞作》第3弾「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか3」。
限定版は、大森藤ノ書き下ろし短編に加え、豪華イラストレーター陣を迎えたゲストイラスト集を収録した小冊子付き!

○小冊子内容 予定
・大森藤ノ書き下ろし短編小説
・「ダンまち」キャラクター イラストギャラリー&設定集
・ゲストイラスト集(H2SO4、黒銀、狐印、四季童子、toi8、仁村有志、はいむらきよたか、るろお)
※あいうえお順・敬称略

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 2


著:大森藤ノ イラスト:ヤスダスズヒト
価格:630円+税

「初めまして、白髪のお兄さん」
ベルに声をかけてきたのは、
自ら《サポーター》を名乗る少女・リリだった。
半ば強引にペアを組むことになった少女を不審に思いながらも、
順調にダンジョンを攻略していく二人。束の間の仲間。
一方で、リリが所属する【ソーマ・ファミリア】には
悪い噂が絶えない。その先には、
人の心までも奪うとされる《神酒》の存在が──?

「神様、僕は……」
「大丈夫、ベル君の異性を見る目は確かなのさ。
神のように、きっとね」

これは、少年が歩み、女神が記す、
── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか


著:大森藤ノ イラスト:ヤスダスズヒト
価格:620円+税

迷宮都市オラリオ──『ダンジョン』と
通称される壮大な地下迷宮を保有する巨大都市。
未知という名の興奮、輝かしい栄誉、
そして可愛い女の子とのロマンス。
人の夢と欲望全てが息を潜めるこの場所で、
少年は一人の小さな「神様」に出会った。
「よし、ベル君、付いてくるんだ!
【ファミリア】入団の儀式をやるぞ! 」
「はいっ! 僕は強くなります! 」
どの【ファミリア】にも門前払いだった
冒険者志望の少年と、
構成員ゼロの神様が果たした運命の出会い。

これは、少年が歩み、女神が記す、
── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──


TOPへ戻る

©Fujino Omori/SB Creative Corp. illustration:YASUDA SUZUHITO