GA文庫

GA文庫TOP > シリーズ紹介 > 「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」特設ページ > 既刊

スライム倒して300年、知らないうちに
レベルMAXになってました4

著者:森田季節 イラスト:紅緒

300年スライムを倒し続けていたら、いつのまにか――子供になってました!?
ハルカラが焼いた毒きのこをうっかり食べてしまったせいです…(蒼白)
おかげで家族は目の色変えて私をあやそうとする始末(やめてー!)
ベルゼブブと魔王の城に行ったら、今度はペコラに捕まってしまい(もうどうにでもして…)、
なんとか戻ったと思っても、今度は村に来ている変な吟遊詩人と出会ったり、娘二人が世界精霊会議という謎の会議に招待されたりで――!?
巻き込まれ体質だからって、私はスローライフを諦めないんだからね!!

スライム倒して300年、知らないうちに
レベルMAXになってました3

著者:森田季節 イラスト:紅緒

300年スライムを倒し続けていたら、いつのまにか家族がふえていました。そろそろスローライフは諦めて、家族との平和な日常を楽しもう、と思ったのですが……。そんな! ファルファがスライムの姿から戻れなくなっちゃった(でも可愛い)! 何とか解決したと思ったら、今度は私を騙る魔女が登場で国中が大騒ぎに!?(目立つのは困ります!)
――「高原の家」はいつも賑やかトラブルが絶えません!
けれど継続は力なり。今度こそ平和な日常をつかんでみせるから!!

スライム倒して300年、知らないうちに
レベルMAXになってました2

著者:森田季節 イラスト:紅緒

スライムを倒し過ぎて世界最強になってしまった不老不死の魔女・アズサが、「働きすぎない」をモットーに異世界生活を満喫する、スローライフな物語。第2巻はグレた幽霊少女や魔王な女の子が新登場!
ドアを開けたらトラブル(新キャラ)と出会う、フラグ回収癖はそのままに、アズサと一家に度重なる騒動が襲い掛かり大変なことに――!?
えっ、ハルカラには意外な一面が!?
本書だけの書き下ろし短編「迷い猫が来た」も収録でお届けです。

スライム倒して300年、知らないうちに
レベルMAXになってました

著者:森田季節 イラスト:紅緒

現世で過労死した反省から、不老不死の魔女になって、スローライフを300年続けてたら、いつの間にかレベル99=世界最強になっていました。
生活費を稼ぐためにこつこつ倒してたスライムの経験値が蓄積しすぎたせいみたいです……。そんな噂はすぐに広まり、興味本位の冒険者や、決闘を挑んでくるドラゴン、果ては私を母と呼ぶモンスター娘まで押し掛けて来るのですが――。「だから、道場じゃないんだから道場破りに来ないでよ……」
冒険に出たことないのに最強……って、どうなる私のスローライフ!?

TOPへ戻る