GA文庫

ひきこまり吸血姫の悶々2

著者:小林湖底

イラスト:りいちゅ

定価 7,491円(本体6,810円+税10%)
ISBN
:978-4-8156-0551-3
サイズ
:文庫判

コマリの平穏な引きこもりライフ、はたしてどうなる!?

ヴィル 「コマリ様、七紅天闘争の始まりです」
コマリ 「始まらなくていいよっ!」

――――――――――――――――――

「ごめん。お前、誰だっけ?」

コマリが意図せず煽ってしまったのは
七紅天大将軍の一人、フレーテ・マスカレール。

これがきっかけで事態はどんどんエスカレートし、
ついに将軍同士が覇を競う「七紅天闘争」にまで大発展してしまう!


敵となる将軍どもは手ごわいヤツばかり……かと思いきや、
コマリは新たに七紅天となった少女、サクナと打ち解ける。

文学趣味で、コマリのことを「姉」と慕うサクナは、
コマリ以上に内気で気弱な子だった。


一方その頃、宮廷内では要人暗殺が横行。
さらにはヴィルがサクナに微嫉妬したりと、
コマリの周囲は大さわぎ。


コマリの平穏な引きこもりライフは、はたしてどうなる!?