「ゴブリンスレイヤー9」事典付き限定版12月発売!

 

蝸牛くも先生と神奈月昇先生が贈るダークファンタジー「ゴブリンスレイヤー」。

 

ダークファンタジー?

ゴブスレ事典(完全版)付き限定特装版が12月に発売決定!

限定版は神奈月昇描き下ろしカバー!

 

■ゴブスレ事典とは?

専門店特典企画として好評を博した「ゴブリンスレイヤー事典」シリーズ。
蝸牛くも氏が、「ゴブリンスレイヤー」作品にちなんだ用語を自由気ままに解説!?
自由気ままに。

 

この事典が《完全版》となり、限定版企画として9巻同梱版が決定です。
これまでのシリーズ(vol.5まで)を増補改訂しての88Pの大ボリュームの小冊子としてお届けします。

 

蝸牛くも書き下ろしの内容を著者自らが増補改訂!

 

※本作の小冊子の内容は、小説ではありません。

 

事典より一部抜粋(まだ改訂前)

 


■ゴブリン
体力点:二 技量点:五
この四方世界において最も弱い怪物。小鬼。森人語ではオルク、オークとも。
子供程度の知性、力を持ち、洞窟に棲み、村を襲い、女を攫って繁殖する。
言葉持つ者であれば交配可能で、共通して多産かつ早熟、子はすべてゴブリンとなる。
一匹二匹程度ではさしたる脅威ではなく、落ち着いて対処すれば容易に倒せる。
ゴブリンが危険視されていないのは、世に恐るべき怪物が数多く存在するためである。
そしてゴブリンは、最も弱い怪物なのだ。

 

■オルクボルグ/かみきり丸
森人語による「小鬼」「刃」。文字通り「ゴブリンスレイヤー」の意。
真の銀で鍛えられたとされる業物で、同種の剣が良く地下墳墓などから出土する。
おそらくは上古の時代、混沌の雑兵である小鬼に対する武具として製造されたのだろう。
森人と鉱人は不仲であったが、それに輪をかけてゴブリンどもは許されざるものであった。
なお、トロルの洞窟から見つかった闇に輝く剣ではない。
もちろん、鉱人の王が冒険の中で手に入れた古き剣でもない。

 

■トンネルとトロール
トンネルにはトロールが、ダンジョンにはドラゴンがいるものだ。
いない? そんなはずはない。嘘をついてはいけない。隠しているとためにならんぞ。

 

※本辞典は9巻刊行時のものです。正誤表(エラッタ)の適用により、予告なく変更の可能性がございます。


TVアニメ化の「ゴブリンスレイヤー」、どうぞよろしくお願いします。

 

「ゴブリンスレイヤー」特設サイト
「ゴブリンスレイヤー」twitterアカウント

 


0

▲TOPへ戻る