編集T的「GA文庫大賞一次突破のための傾向と対策」

 はーい、集中講義の時間ですよ~。みなさん教室に入ってください~。
 さてわたくしGA文庫大賞がスタートしてから、これまで200本以上の投稿作を読ませていただきました。ごっつぁんです!(※編集によっては300本以上読んでいる者もいますよ)。
 その過程で、一次を突破できない作品にはある共通した「弱点」が存在するということに気がつきました。
 それについてはお戻しする評価シートにも逐一書かせてもらってはいるのですが、これから応募を考えている人のためにも、一般的な傾向と対策を典型的な例とともに挙げさせていただきたいと思います。
 微力ながら皆様の一次突破の糧になれば幸いです~。
 
——————————-
■設定面
●【パターンA】設定のあと出し。
 終盤になっていきなり「実は俺、魔王の息子だったんだ」などといって物語をひっくり返すというパターンです。
 それまでにきちんと伏線をはってあればOKですが、なんの布石もなくいきなり物語の根幹を揺るがすような設定を持ち出すのはNGです。
 あと出しジャンケンと一緒で、興醒めです。
●【パターンB】作者しか判らない設定の多用。
「もうこれで大丈夫だ。神崎は決して長谷川を殺せない!」
 しかし読者にはなぜ神崎が長谷川を殺せないのか一切説明がない、というパターンです。
 作者の中には何か設定があることは端々で窺えるのですが、これでは読者は置いてけぼりになるばかりです。
●【パターンC】設定の矛盾に気づいていない。あるいは平気で設定を覆す。
 極端な例ですが、「天涯孤独の主人公」に何の説明もなく当たり前のように「両親と兄弟・姉妹がいる」という投稿作があり、目を疑いました。
 また女であることを隠して男子校に通っているヒロインが、なんのきっかけも伏線もなく、ある日突然普通の女子高生として生活を始めるという作品もありました。
 ……書きながら自分で疑問は感じなかったのでしょうか? 疑問です。
●【パターンD】延々と設定だけを読ませる。
 10ページ、20ページ……延々と世界観や歴史、魔法体系、武術体系などをずらずらと無味乾燥な説明文で書き連ねるパターンです。
「どうだ! 俺の考えた設定、すげーだろ!」という作者の自慢オーラはばんばん伝わってきますが、読まされる方は退屈なだけです。
 そしてこのように大仰に語られた設定は、たいていこのあと展開される物語に活かされることはありません。
 ライトノベルはまず、キャラが活き活きと動いてナンボです。
 設定の作りこみはほどほどに。ご利用は計画的に。
※【パターンD】だけで一次オチする作品は少ないですが、【パターンD】を内包する作品はたいてい【パターンA】か【パターンB】が漏れなくセットでついてきているので、そのせいで落ちることが多いです。
——————————-
■文章面
●過度の修飾、独特の比喩が多用されている。
 「ルシフェルの再来のような気丈さ」「三千世界の重箱の隅をつつくような雷鳴」などなど、書いている本人が得意気になっているのは判るのですが、意味がまったく判らない比喩を多用しているというパターンです。
 文章は「平易に、判りやすく」が基本です。
 基本ができないうちに応用に手を出すと火傷します。
●視点人物がいつ切り替わったのかわからない。
 一人称の作品によく見られる現象です。
 地の文がAくんの視点で語られる文章に、Bくんの視点が混ざり、さらにCくんの視点が混ざり……後に残るのは混沌だけ、というパターンです。
 誰の視点で記述されている文章なのか、常に意識して書きましょう。
●会話が続くと誰がどの台詞を喋っているのか判らなくなる。
 これも上述の視点人物問題に近いものがあります。
 キャラがしっかり立っていれば発言内容だけでキャラが特定できますので、このような問題は本来発生しないはずなのですが……。
 ただこちらは↓のような対策をとることである程度回避できますので参考にしてみてください。
・台詞の中に呼びかけを入れる
・口調・語調に特徴をつける
・地の文でこまめにフォローを入れる
●「てにをは」がおかしい。
●主語と述語が対応していない。
●無理に難しい言葉を使って、しかも使い方を間違える。
●誤字脱字があまりにも多い。
 これに関しては国語を頑張ってくださいとしか言えません。
 とにかく少しでも迷ったら辞書をひく習慣をつけましょう。
——————————-
■キャラクター面
●突然性格・人格が変わる。
「殺したいほど憎んでいた相手」をあっさり許したり、「死ぬほどきらいな相手」と急に恋に落ちたり……お前は多重人格者か! と思うような行動をとるキャラが平気で登場すると読者は醒めます(※ちなみに多重人格を扱った作品の話ではないですよ)。
 キャラの考え方や感じ方が変わったり、成長を見せたりするのはOK……というかむしろそこに「ドラマ」が発生するわけですが、それを納得させるだけのエピソード・描写の積み重ねがないと、キャラは単に「物語を進めるためだけに存在する駒」になってしまいます。
 読者は「駒」には感情移入できません。ちゃんと物語世界の中に存在する人間として、キャラを構築しましょう。
——————————-
■番外編
●物語が完結していない。
「七人の侍」でいうと、侍を三人集めただけで終わっているような作品も結構あります。当然NGです。
「途中までの原稿を読まされてどうしろと?」というのが正直な感想です。


2

デスクトップをGA文庫のカバーイラストで飾ろう!

 こんにちは、編集Tです。
 今回は皆様にとっておきの情報をお持ちしました!(※なんかあやしい勧誘みたいになってますが、真面目にお得情報ですよ!)
 ご存知の方はもうすでにご存知だと思いますが、GAGrapchicではGA文庫のカバーイラストを使った壁紙データを絶賛配信中です(※現在もノブレス・オブ・リージュ2巻の壁紙を掲載しております~)。
 GA Graphicトップページのここでもお知らせさせていただいておりますので、皆様ぜひぜひチェックしてみてくださいね!


 ちなみにこの壁紙、ほぼ週1のペースで更新させていただいております~。
 こちらにこれまでの壁紙一覧のページがありますので、まずはこちらからどうぞ!


0

編集Tの編集部ほのぼの日記

■1月xx日
 元旦。お年玉をあげてから新人賞の原稿読み。
 二日。雑煮を食べてから、新人賞の原稿読み。
 三日。ひたすら新人賞の原稿読み。
 四日。ひたすら新人賞の原稿読み。
 五日。仕事始め。ひたすら新人賞の原稿読み。
■1月xx日
 黙々と口絵・挿絵指定テキストを作る。
 本作りにおいて、悩みのない行程は何ひとつないわけですが、この指定作業もなかなかに悩ましいものがあります。
 特にライトノベルは通常の小説より、絵の力に負うところが大きいわけですからなおさらです。
 どのシーンをピックアップするか、そのシーンをどう見せるか、全体としてバランスの良い指定になっているか、キャラが偏っていないか……などなど。
 細心の注意を払って、最終的な指定をまとめあげていきます。
 ですので、残念ながらクー子増量といったような恣意的なご要望にはお応えしかねます。あしからず。
 そして指定作成の間隙を縫って新人賞の原稿読み。
■1月xx日
 路上で正座しながら携帯で話すスーツのお兄さんを見かける。
 泣きそうな顔で何度も土下座してもいるよ。
 よく電話口でお辞儀する人は見かけるけど、土下座は初めてだね。
 ……いったい何があったんだろう、か……。
 そんなお兄さんの横を通り過ぎながら新人賞の原稿読み(※携帯に転送して読んでます)。
■1月xx日
 今月の新刊告知用のバナーを作る。
 バナーというものは、たとえばこんな感じの物ですね。
 そう、できることはなんでもやる。
 それがGA文庫編集部員の心意気というものです。
 もちろん新人賞の原稿も読みますよ。
■1月xx日
 打ち合わせ帰り、昼過ぎのけだるい空気をまとったガラガラの電車に乗る。
 車両には自分と、向かいの席にいるおじいちゃんのみ。
 と、突然おじいちゃんがすごい形相で私を睨み始めます。
 目は血走り、歯ぐきをむき出しにしてすごい威嚇行為です。
 ……え? ごめん。俺、なんかした? ここ、おじいちゃんの縄張りかなんか? 俺に? 俺にだよね? 他に誰もいないもんね?
 私の戸惑いをよそにますます威嚇行為をエスカレートさせるおじいちゃん。
 お前はエイリアン4かというぐらい歯ぐき出てます。このまま食われそうです。
 そして次の瞬間。
 入れ歯がゴトリと電車の床に転がりました。
 …………。
 単に入れ歯がとれそうだったのね、おじいちゃん。
 そしてブログネタをありがとう、おじいちゃん。
 あわあわと入れ歯を拾うおじいちゃん、あんた今、最高に輝いてるよ。
 そして最高に輝いている新人賞の原稿読み続行。


0

PW-M800の冒険

 バスで電子辞書落としました。
 直前に「遺失」なんて言葉をひいたのがまずかったか。言霊め……!
 それはさておき、ないと非常に困る代物なので、ダメモトでバス会社のお客様センターに電話してみると……。
 あったよ、ママン!
 感動の再会だよ、ジョニー!(誰?)
 いやー、まだ拾ったものをきちんと届けてくれる人がいるんですね。殺伐としたニュースの多いこの世知辛い世の中、なんだかほのぼの暖かい気持ちになってしまいましたよ。
 ありがとう、拾ってくれた心優しいお姉さん。妙齢で美人のお姉さん。そしてもちろんツンデレで実は魔法少女なお姉さん!(※妄想モード発動)。
 ちなみに現在私が使っているのはシャープのPW-M800という電子辞書です。リーズナブルで、かつ非常にコンパクトな辞書なので、かなりお気に入りです。
 そのコンパクトさといったらポケットに入れておいても、持っているのを忘れるぐらいの113g(電池含む)!(※だから落としても気がつかないのはしょうがないよね! ……まぁ、もともと「ランドセル落としちゃった」とか平気で言う子供でしたが、私は)。
 ところで1日に20回以上は確実にお世話になるこの辞書ですが、一箇所だけ気になるところがあるんですよ、シャープさん。それは起動後0.5秒ぐらいキーを受け付けない時間がある、というところ。ちょっと待てば良い話なんですが、毎回だとちょっとしたストレスも「ちりつも」なんですよね。だから後継機では直しておいてくださいね~。まぁ、それ以外はほぼ完璧な仕様なのでこれからも愛用させていただきますが!
 ちなみに広辞苑に「男一匹」って言葉が載ってるのって皆さんご存知でした? びっくりしますよね。他にもいろいろ「えー」と思うような言葉があるわけですが、それはまた別ネタで!


0

編集Tのほのぼの編集部日記

■12月xx日
 第2回GA文庫大賞(後期)への多数のご応募、本当にありがとうございました! この中にきっと将来のGA文庫を担う才能が眠っているはず……! そう思うと今から原稿を読むのが楽しみです!
 ……それはさておき、山と積まれた封筒を前に、思わず「全部で480本だから一人あたり70本弱読めば……」的な計算をうっかりしそうになってやめました。やめましたよ!
 だって、長い階段の先を見てしまったら心が折れて登れませんからね。足許の一段一段を丁寧に踏みしめて登れば、おのずと頂上への道はひらけるものなのです……!
 ……それにしても70本弱か……。1本あたり2時間として合計で140時間≒6日強……(だから計算したらいかんて!)
■12月xx日
 編集部の惨状は先日アズラエルちゃんが報告した通りなので皆様もご存知かと思います(※ちなみに私の机もしっかり激写されてました……まぁ、きたないからね……)。
 しかしあれからひとつだけ変わったことがあります。地滑りがありました。雪崩とも言います。本や資料や原稿が、見事に混沌状態になりました。どこに何があるのか判りません。助けてニャル子さん!
 これまでは「片付いてないように見えても、どこに何があるかはちゃんと把握している!」と強弁してきた私ですが、最低限、物理的被害は招かないようにすべきだと激しく学習しました。それはこの歳になって学習すべき事項なのかというツッコミは受け付けません。
■12月xx日
 流行りのTwitterなるものを始めてみました。
 なるほど、気軽に書き込めるのは確かにいいかも。キーワード検索でリアルタイムのつぶやきを眺めていると、ブログでは見えてこない情報の流れが見えてきて面白いし。
 ただ「考えずに書いている」人が多いせいか、無意識のうちに本音を吐露したり、自分でも気がついていないであろう生活習慣・考え方をご開陳している方も多数いらっしゃったりして……。これは「気軽さ」の生む「怖さ」だなあ、とも感じました。ご用心ご用心。
 とりあえずTwitterで季語なし俳句をつぶやき続けている人がいたら、おそらく私なので捜さないでください。
■12月xx日
 早くも忘年会のお誘いがちらほら……。そうね。忘れたいことなら山ほどあるよね。ふっ。
■12月xx日
 みなさんは年末進行って聞いたことありますか? 食べ物じゃありませんよ。
 年末年始、印刷所さんが休みに入るので、必然的にいつもより進行が巻き巻きになる地獄のイベントのことです。他にもお盆進行、GW進行がありますが、年末進行の破壊力は「まじぱねぇ」のです。現に今その破壊力に、リアルに破壊されかけている私がいます。いつもより1週間早い進行なんてありえねえよ……。
 生きていたら、また来年お会いしましょう。
(続く)


0

▲TOPへ戻る