編集Tのほのぼの編集部日記

■2月xx日
 現在「這いよれ! ニャル子さん」シリーズのイラストでおなじみの、狐印先生の画集をもりもり製作中!
 GA文庫で描いていただいたイラストは勿論、ホビボックスさんのドラマCDジャケットイラストや、キャラハイさんの抱き枕イラストなど、多数のイラストを収録しています!
 そしてカバーイラストは勿論描き下ろし!
 さらにアニメイトさん限定版では描き下ろし画集BOXと特大ポスターが付属する予定ですよ~!
 近日中にブログなどで詳細を告知予定です! 皆様よろしくお願いいたします~!
 現在、編集作業をしつつ、ここ5~6年ほどの狐印先生のイラストを改めて見返してしみじみしたりしております。
 GAGraphhicの壁紙イラストから始まって、「はうはう」「メタルうぃっちシスターズ」「這いよれ! ニャル子さん」と狐印先生を担当させていただいているわけですが、やはりそれぞれのイラストにいろいろな思い出があって感無量ですね……。
 A4サイズの大判で見ると、またイラストの迫力も格段ですし! 乞うご期待であります!
■2月xx日
 新人賞の二次読み開始。
 二次読みは一次読みと違って「孤独な闘い」でないのが嬉しいですね。
 具体的に言うと、一次でその作品を通した別の編集と、作品について語り合うことができるのが嬉しいところです。
「あの●●ってキャラ良かったろ?」「あー、あれ! 良かったですね~。まさか●●で●●するとは思わなかったですよ!」「でもさ、あの●●を活かすんだったら、もっと構成を変えて●●を前に持ってきて、設定の●●をなくしておけばいいと思うんだよね。あのシバリ、結構きついと思うんだ」「いや、ちょっと待ってください、それだとキャラの良いところを殺しちゃうことになりませんか? ボクだったらむしろ●●を●●して●●方面に……」「あーそうか、今はむしろそっちの方が受けるか!」みたいな感じで。
 なにしろその作品を読んでいる編集は現時点で世界に2人しかいないわけで、そう思うと語る側にも熱がこもろうと言うものです。
 さらに入れ込んだ作品になると勝手にパッケージとかキャンペーンなんかも考えだしたりして先走り具合が大変なことに(笑)
 逆に自分がイチ推ししていた作品がはねられたときの落胆はひとしおです(※もしかしたら作者以上に落ち込んでるかも……)。
 最終選考はまだちょっと先ですが、今からどんな作品に出会えるか超楽しみです!
■2月xx日
 近くの公園で催されている「梅まつり」を見に行きました。
 梅もほどよく満開で、鼻腔をくすぐる微かな芳香が春の到来を感じさせてくれます。
 毎年来ているこの「梅まつり」ですが、年を経るごとに、花が美しく、そして儚く、だからこそより美しく見える……というのはやっぱり歳だからでしょうか。歳だからですね。
 願わくは花の下にて春死なむ その如月の望月のころ
 西行法師のそんな句が五臓六腑に沁みわたる昼下がりです。……呑んでません! 呑んでませんよ!
■2月xx日
 また編集部が引越しをするらしいと風の噂が……。
 ふ。
 前回の引越しの段ボールをまだ開けていない私にまったく隙はなかったのですぜ!


0

えむもとさん99の謎

 邪神系編集者として、時代の最先端を突っ走るえむもとさん。
 そんなえむもとさんはなんと99の謎を持っているのです!
■誕生日の覚えっぷりがハンパない
 えむもとさんは一度覚えた人の誕生日は決して忘れません。
 何かの折、誕生日の話になったとき「Tさん誕生日いつ? 12月○○日? じゃ、Sさんと一緒だね」と即答されたときの驚きといったら!
 ほかにも数百人単位で作家さんやお友達の誕生日を記憶しているそうです。なんというガイアメモリ……。
 もしかして……目標は林家ペー師匠ですか、えむもとさん!?
■小説を買ったらまず結末を確認してから読み始める
「え゛え゛え゛え゛っ、まじで!?」と思いましたが、まじです。
 えむもとさん曰く「だってしょうもない結末だったら、最後まで読んだときがっかりするじゃん」とのこと……。
 とはいえ、ミステリーとか結末がどうなるのかわくてかしながら読むのが普通じゃないんでしょうか……いえ、「自分の普通」を「みんなの普通」だと思ったらだめということですね、えむもとさん!
 なので、えむもとさんに関しては「ネタバレ」攻撃はまったく通じません! むしろ「ふーん、あれってそういう結末の話なんだ。じゃ、読んでみよっかな~」と逆に購買意欲を喚起する結果になります!
 えむもとさん、最強すぎ!
■パクチーが大好き!
 すいません、これは単なる趣味嗜好の問題でした! でもかなり好きみたいです!
 あと練り物は嫌いだけど、ちくわの磯辺揚げは大好物だそうです! この矛盾がたまらない! すごいね、人体!
■ゲームの音楽は消してプレイする
 Nekopyon.さんの着メロがMotherだったことに端を発してひとしきりゲーム音楽談義になったある日の編集部。
「えむもとさんはどんなゲーム音楽が好きですか?」
「あたし、ゲームは音消してやるから特にないよ」
「えっ!?」
 ……えむもとさん、ここだけの話ですけど、ゲームの音楽ってそのシーン、シーンが盛り上がるように計算されて作曲されてるみたいですよ!?
「もしかして映画も音を消して観たりするんですか?」
「まさかー! そんな変なことする人いるの?」
 ……「変なこと」って人それぞれですよね、えむもとさん!
 しかし、ゲームをせずに作曲者だけでゲーム音楽のCDを買ってしまう私はじゃっかん強気に出られないのであった……。
 まあ、楽しみ方は人それぞれってことで!
 ということでえむもとさん、残り96個の謎に関してはまた次回!


0

第3回GA文庫大賞(後期)の一次通過者発表ですっ☆

みっひーです。

少しずつ暖かくなってきました。
もうすぐ花粉の季節ですね。

今回も予想を遥かに上回るたくさんの原稿を本当にありがとうございます。
読みが甘く、発表が遅れてしまって本当にごめんなさい。でも、みんなで楽しく真剣に選ばせていただきました!

ちなみに今回の応募総数は573作品です。
前回、前々回を超える沢山の作品のご応募、ありがとうございますっ!

うれしいことに回を経るごとに応募作品が増えているので、こちらも次回こそ遅れないように、ちゃんと体制を整えますね。

それでは、一次通過の作品はこちらです。
どうかみなさんのお名前がありますように☆ミ

—————-
第3回GA文庫大賞(後期)・一次選考通過者一覧(敬称略・五十音順)
【応募総数573作品/一次通過173作品】

「彼と人喰いの日常」HINEKO/「ぺたばいと!」ktr/「キリング・エンゼルス -喪失のゆき先-」逢坂冬馬/「リトライ 私は不幸の三枚女神なんかじゃない」藍禅浴衣/「皇様ゲーム」青木寛/「不可思戯―哲学狂と仮想世界―」赤嶺拓也/「動物ミーティング・キングダム」叡惟匡見/「九十九士」明田考正/「鏡には、大事なことが、映ってる。」章照自由/「カリバーン」葦谷歩/「りげるとめあ」東屋金時/「ハネムーンは月旅行へ。」左沢一/「実在する非実在の出納記録」アトリエ7/「ストーカーの彼女」アトリエ7/「赤面症の僕と彼女と」阿野ロロ/「魔女の艦隊」阿野ロロ/「少しくらいなら見せてあげないこともない!」あまくちまえん。/「銀と凍てついた闇」天辰訓雄/「正直者が嘘をつく」彩門達希/「プリンセス番長」鮎川シノブ/「1mmの世界破壊」新木理祭/「マグニフィセンスドラグーン」新殿翔/「ケール」新殿翔/「SOAREYE」新殿翔/「ヨギの年代記」有沢真尋/「スマラクト」石川晃司/「少女ウイルス」イシュ/「囚われの魔王」和泉ユウキ/「白色スクール」一ノ瀬六樹/「手前勝手にセレナーデ」井月イッキ/「マジョがり」いとーりゅーた/「駕籠ガール・ファミリア ~知らなきゃ言って聞かせてあげる~」イマノ酔月/「守宮のいる生活」宇野越観月/「人の望みの喜びよ」大民三乃/「天架ける虹のそばへ」岡崎武人/「南の色白」岡崎武人/「破界少女」御倉ほうじ/「ロケット・ミー」押田霧也/「わらわめ」忍足エルレ/「ヒーロー通信」忍足エルレ/「陰陽師の末裔 ~千年の呪縛~」おりは沙都/「我流院高校打撃部!」佳功操/「パンピー・ナ・ブラカマン」笠原曠野/「しーくれっと・ぼいす」柏木浩行/「ストレートきゃっと」春日秋人/「ステーション」桂田崇宏/「クロノス博士の財産分与」金暮銀/「学園裁判」金梨夢竹/「天使のキスは剣の煌き」加納涼/「準備のいい彼氏」神代デルマ/「17歳のマシン・コード」亀田敬介/「恋≠変」軽川有馬/「三人の距離。」神崎さくら/「S3!!! ~スペシャル・スペース・ストーリー~」かんならね/「しずるショックシュート!」刻一刻/「ひまわりの空」木地翔太/「私の中のルシファーさん」きすぎ/「リカバリー」木村百草/「S×M」霧平けい/「天海の或る空」空海餡子/「搭載! 無間地獄!」九笠出/「天才少女と九尾のキツネ」九條葉月/「翔天の燕」楠木譲司/「エンドレス・レイジ」九頭龍怖/「図書委員部!」国囲困/「HB少年」黒宮竜之介/「夏色迷宮」香坂奈々/「千年魔女伝説」香坂奈々/「けーぴー」阪上幸司/「START UP!」坂上茂吉/「幽霊少女の復讐劇」桜三里/「口づけに嘘を重ねて」桜山りょうえ/「夢見るオッサン戦隊サギゼンシャー」佐々木ユッケ/「ABandoneDチルドレン」笹目笹人/「黄昏のリッカ」椎野隆寛/「うちうじんハウスッ!」椎野隆寛/「封殺者-the proven being-」識宮皐月/「カノジョ?なにそれ?おいしいの?」時雨司/「トリニティの解散」東雲長閑/「デジタライズド・ワールド」シミケン/「魔法少女マイティ☆パステル」聖護院大根/「お実姉ちゃんとお義姉さん」白河こたろー/「サイケデリックサイキック!」菅谷果実/「完全書式アアア」鈴本郁生/「魔法使いなら味噌を喰え!」澄守彩/「繋の塔」汐森遠也/「アイズ・リヴァース」世羅つかさ/「メタでもわかる感情力学」千現ねむぬ/「コノモノガタリハフィクションデシタ」千槽にしん/「ゆきふり」空空出雲/「ドージンノベルス!」田井中エイジ/「やったねお兄ちゃん! かわゆい萌えキャラが二次元の世界から飛び出してきたよっ!」太陽ひかる/「恋のなんたるかを教えてやろうじゃないの」高木幸一/「箱庭のフィーリア」嵩乃朔/「死払い」滝上徹/「吾輩は猫又である」竹林七草/「どれいん!」田中緑茶/「劇場に曲がかかれば踊り出す」田山渉/「夢の中の彼女」田山渉/「魔王は勇者のなれの果て!」二六零/「激烈ワナビ戦」常木らくだ/「竜が飛ばない月曜日」十識透/「天使のおしごと」戸田恵介/「ガイコツ撫子」とびきたつや/「もののふ姫」長物守/「幼馴染はスーパー系」長物守/「キュートだねっ!」長物守/「銀月色の海の中」永良嘉久/「僕と私の魔女裁判」夏川涼二/「鐘鳴マニューバ」夏木孜/「マリッジ・フロード」七条剛/「引き継がれるこの世界」西向士/「魔王サマの子育て」猫梟/「その扉を開けるもの」睡猫カオリ/「Happy Death Day」望公太/「奇跡と子猫の婚活計画 ――ヴァージンロードはフローチャート式!?――」延野正行/「ふぇいく・めいく・みらくる!」ノリヤス/「破壊神には愛を」間章成/「プライベートなディティクティ部」葉月ヒロ/「アンルナティック・アイランド ~鶯、天使、狼~」八美奈央/「フリョーメシア!」初美陽一/「常世の国の女神さま」花房ひづき/「空と風船の大爆発」林祐一/「ブラックキティ」針クロエ/「贖罪のブラックゴッド」柊空夜/「生徒会長・剣音禍鉈の嗜好症」緋色友架/「絶対無敵!? いちごちゃん!」東尭良/「世界の終わりの欠陥品」氷高悠/「気高さと程遠い気位」馮河某子/「卑怯クンの惚れた彼女は」馮河某子/「ソラヨリタカク」平乃ひら/「あおそらカンパニー」藤山弥芳/「飛べない鳥のアイソレイション」船木翔平/「(仮)サウスランドストーリー 魔王について」吹雪吹/「リア充のすゝめ」僕と久保/「神棚の小人神様」穂波千夜/「ラクラクアグリカ」穂畑ソガオ/「梟神オウルカイザー」焔犬助/「魔女たちの供宴」誠富なーが/「君のためにできること」町田清吾/「一秒間の死刑宣告」三木和弥/「先輩と後輩 ~俺の私の世界とセカイ~」三家原優人/「子猫と手紙のストーカー」水月紗鳥/「それでも俺はキミの手を離さない」眠眠/「リハビリテーション・マイライフ」望月唯一/「バイブレートハート」望月裕記/「双子と幼なじみの四人殺し」森田陽一/「偽りの再会はリインカネーション」森田陽一/「裏切りテンダーキッス」森田陽一/「ニード! ~Not in Employment Education or Detective~」森田陽一/「ロイドですけど……なにか?」やい行事/「はーとらじっくふろー」安熊田ガイ/「年の瀬、うちの大家が魔王になった」安田秀敏/「デビル×ライザー」夜塚若紫/「POSTM
」山縣イツキ/「君よ、死に給え」山口拓也/「イタコ←鎖→幽霊」大和空人/「生徒会爆発しろ!」山吹匂/「学園王カレン!~すすめ!黒須灘島王国学園王族部っ!~」夜真ゆうじ/「かっとべ! 破天荒人造人間ポン子!」夜真ゆうじ/「孤独の零 ―真夏しい子守歌―」夜真ゆうじ/「胸とお風呂と男と男with男」闇近ゆう/「勇者さん、さすがです!」夜々里晴/「鈴木姉妹の平均的アンバランス」ゆーう/「果てしなきカノジョの部屋」結城博士/「Desperate 〆 Deathparade」遊馬裕義/「カノジョは南の島の裁者 ~がんばれ大統領選~」弓原英明/「collector」流星/「エターナルラビリンス」龍山甲斐/「青き惑星のナギサ」渡辺犬将/「半妖SPアカデミー」渡辺大大/「上下逆天」わらべみかど/「いも・おと・ぺっと&殺ルキなアネキ」んんん川春雨

—————-

以上です。通過者のみなさま、おめでとうございます!

みなさんの作品レベルもどんどんあがっていて、どんどん選ぶのが大変になっています!
でも、お送りした評価シートもちょっとは役に立っているのかな? と思って、編集部のみんなで喜んだりしていたりもっ。

現在第4回GA文庫大賞(前期)が募集中ですので、結果発表までのあいだにもよかったら次の作品を応募してみてくださいね。

……先日お伝えしましたとおり、二次選考結果の発表は3月10日の予定です。
当初の予定より遅れてしまって申し訳ないですが、次回の発表も、どうぞお楽しみにっ☆


0

「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」が重版すぎる!

 好きな『修羅の門』圓明流の技は裏蛇破山 朔光、サトです。
 裕時悠示×るろおが贈る、両手に花?のらぶ×らぶコメディ「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」が大重版決定です!
 正直、驚くような売行きで絶好調です! ネット書店のアマゾンさんでは和書ランキングで最大6位まで伸びたようです! ありがとうございます!
 ちなみにこのブログを書いている現在、「一度決まった重版部数じゃ、足りないんじゃネ?」と営業で様々な意見が繰り広げられ、修羅場中です!(実話)
 そんな重版を記念して、脳内に届いた質問にお答えしていきます。
Q:試読体験版を読みましたが、主人公がいっこうに刺される気配がありません。いつ刺されますか?
A:刺されません! あくまで本作はラブコメです。
 しかし、修羅場の開幕は、その体験版終了直後から。
 彼女ができた主人公へのヤキモチから「あたしだってモテてやるもん!」と言い出した〝幼なじみ〟千和。
 千和をサポートするふりをして、何かを企んでいる〝彼女〟真涼。
 二人の美少女の板ばさみで、振り回される主人公・鋭太。
 この三人が部室でダベったり、ドタバタ騒ぎを繰り広げる様は、いろいろな意味で『修羅場』。
 特に、千和の見えないところで×××をめくり、鋭太を焦らす真涼が修羅場すぎる!
 しかしラストにかけては、涙あり熱さありのドラマでしっかりと〆る。
 それが「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」なのです。
 ぜひ本編の最後までお楽しみください!
Q:本編を読みました。女だてらにジョジョスキーな真涼さんパネぇ。
A:そうですね、「ワイアードのベック」なんてマニアックな吸血鬼の名が初稿にあった時に編集担当も驚きました。
 どうすべきか迷ったのですが、「鋼線(ワイアード)のベック」と修整をしてしまいました。担当もultra-violenceでネクタイを買うぐらいファンだったのが原因ですね、ごめんなさい。裕時悠示先生には、「ジョジョの奇妙な冒険」をご存じない方でも楽しめる内容になるように配慮してご執筆頂きました。
Q:続きが読みたい! それと「踊る星降るレネシクル」の4巻も楽しみすぎる!
A:「踊る星降るレネシクル4」は4月に刊行予定です。そして、その後に「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる2」と、交互に予定しております。お楽しみに!

110216oresyura.jpg


110216rururu.jpg

重版の決まった両手に花?のらぶ×らぶコメディ「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」と、GA文庫大賞《優秀賞》受賞の「踊る星降るレネシクル」、いずれも試読体験版も公開中! 話題のGA文庫を、この機会に是非、どうぞ!


0

▲TOPへ戻る