PW-M800の冒険

 バスで電子辞書落としました。
 直前に「遺失」なんて言葉をひいたのがまずかったか。言霊め……!
 それはさておき、ないと非常に困る代物なので、ダメモトでバス会社のお客様センターに電話してみると……。
 あったよ、ママン!
 感動の再会だよ、ジョニー!(誰?)
 いやー、まだ拾ったものをきちんと届けてくれる人がいるんですね。殺伐としたニュースの多いこの世知辛い世の中、なんだかほのぼの暖かい気持ちになってしまいましたよ。
 ありがとう、拾ってくれた心優しいお姉さん。妙齢で美人のお姉さん。そしてもちろんツンデレで実は魔法少女なお姉さん!(※妄想モード発動)。
 ちなみに現在私が使っているのはシャープのPW-M800という電子辞書です。リーズナブルで、かつ非常にコンパクトな辞書なので、かなりお気に入りです。
 そのコンパクトさといったらポケットに入れておいても、持っているのを忘れるぐらいの113g(電池含む)!(※だから落としても気がつかないのはしょうがないよね! ……まぁ、もともと「ランドセル落としちゃった」とか平気で言う子供でしたが、私は)。
 ところで1日に20回以上は確実にお世話になるこの辞書ですが、一箇所だけ気になるところがあるんですよ、シャープさん。それは起動後0.5秒ぐらいキーを受け付けない時間がある、というところ。ちょっと待てば良い話なんですが、毎回だとちょっとしたストレスも「ちりつも」なんですよね。だから後継機では直しておいてくださいね~。まぁ、それ以外はほぼ完璧な仕様なのでこれからも愛用させていただきますが!
 ちなみに広辞苑に「男一匹」って言葉が載ってるのって皆さんご存知でした? びっくりしますよね。他にもいろいろ「えー」と思うような言葉があるわけですが、それはまた別ネタで!


0

コーティーでiPhoneがいっぱい の巻

いかがお過ごしでしょうか? iPhone使いの もなです。
そろそろ来年の抱負を考える時期になりました。
もなの来年の抱負は、「お父さんに負けずにCM出演」
GA文庫がiPhoneで読めることをCMで伝えるんです。
「iPhoneでGA文庫がたくさん読めるんだよ」
「表紙も口絵も挿絵も全部はいっているんだよ」
「カモン!カモン!カモン! GA文庫♪ 」
というわけで、着々と準備をしているiPhone版GA文庫なのですが、
とうとう、もなのiPhoneはコーティーだらけになっちゃいました。
↓ほらっ、こんな感じ。(アズラエルちゃんが撮ってくれました。)


※実はもう1ページスライドさせると、マティアでいっぱいなんです。
 そして、スノウやルーファも。
本日は、新たに追加4作品の配信開始のお知らせです。
神曲奏界ポリフォニカ ビギニング・クリムゾン
神曲奏界ポリフォニカ ジェラス・クリムゾン
神曲奏界ポリフォニカ エイディング・クリムゾン
神曲奏界ポリフォニカ トライアングル・ブラック

コミケに並んでいる時も。初詣で列に並んでいる時も。旅行中も、移動中も。
全巻持ち運びできるから、何時間でも待ち続けられるぜぃ。
さあ、これで年末年始の準備も完了!
どうぞ宜しくお願いします。
あっ、ちなみにクリスマスは、キネティック版「神曲奏界ポリフォニカ アフタースクール」の発売ですので
こちらもお忘れなくチェックチェックチェック。
キネティックの公式サイトはこちら
ではでは。


0

なぜなにGA文庫・GA文庫大賞の巻 その3

 新しいフラッシュライトの発送案内がきてワクワクしている今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
 GA文庫K村です。
 いやぁ、この「本日発送しました。もちっと待っててね」メールっていつもらってもワクワクしますな。ついうっかりエネループを買い足したり、今手元にある愛機を眺めたりして、なかなかに落ち着かないのでありますよ。
 さすがに単三のエネループを見ながらニヤニヤしてる図、というのは結構不気味な絵面なので夜中に1人でやってますが。<やるな
 さて、そんなこんなで今日のお題はテキストファイル。
 応募要項にもありますとおり、GA文庫大賞では応募作を打ち出しとデータで送って頂くことになっています。
 すなわちここ。
・データはテキスト形式で保存してください。
 ところがこのテキストファイル、これがどうにもみなさんよくわからないらしく、.doc形式で送ってくる人がたまにいらっしゃる。
 .doc、すなわちMS-Wordの書式でありますね。
 で、これが編集部的にはちと困る。
 ワードってソフト自体重いし、勝手に変な設定になっていたりするので、結構扱いにくいんですよ。
 例えば自動で一字下げなどをやっている場合、実際本にするときの作業でその一字下げが全部解除されたり、ルビが全部漢字の後ろにひらがなで入り込んだりして非常にややこしい。
 そんなこんなで編集内でWordファイルは嫌われていたりします。
 まあそんなの知ったことか、と言い張るのは自由ですが、自由すぎて応募規定に反しているのはちと困る。
 というわけで今回特別講座として、
「Wordで原稿完成したんだけど、どうやったらテキストファイルになるの?」というのを解説します。
 まず、“ファイル”メニューを開きます。
 上から5番目くらいに“名前を付けて保存”というのがありますので、それをクリック。
 ウインドウが開きますから、一番下にある“ファイルの種類”というところの“▼”マークをクリック、“書式なし(.txt)”というのを選んで保存すればOK。
 このへんの操作は他のワープロソフトでも同じで、だいたい“別名で保存”とかそんな感じのメニューでファイル形式を.txtにすれば大丈夫。
 で、保存したフォルダから、送付用のCD-Rとかフロッピーとかにコピーするときは、“ファイル名.txt”となっているものをチョイスすればOK。
 ちなみにこの“.txt”の部分を拡張子というのですが、ウィンドウズの初期設定によっては、これが見えないようになっている場合がある。
 なんでこんな仕様になってんだ、エネループを見習え、とかなんとかとK村的には憤るわけなのですが、まあ怒っていてもしかたがないので、拡張子の表示のしかたについて以下説明。
※注 なお、今回取り上げている操作はXP&Word 2003でのものなので、使用OSおよびWordのバージョンによっては操作が異なるかもしれませぬ。その場合は、自分で調べてくださいませ。
わからないことは調べる! これ基本です。
 まず、ファイルの入っているフォルダを開きます。
 次に、フォルダのメニューで、“ツール”→“フォルダオプション”を開く。
“表示”タブをクリックして、“登録されている拡張子は表示しない”のマークを外す。
 終わったら、“OK”を押して終了。
 これでファイル名の後ろに、.txtとか.docとか、.xlsなどのシッポがぶら下がるはずです。
 あとは目的の.txtとなっているファイルをCD-Rとかにコピーするだけ。
 これでもう万全の応募体勢が整うわけですよ。
 あ、ちなみに梱包ですが、CD-Rって結構丈夫なので、エクスパックであれば、プチプチに包まなくてもほとんど問題なく届きますです。もちろんせめてスリーブに入れるとか、普通のCDケースに入れる、くらいはして欲しいですが。
 というわけで、応募作の登録と受領メールに忙殺されているみっひーの代わりに書いてみました。みなさまの力作をお待ちしておりますです!
※K村的宣言
・PCやソフトの具体的な操作方法についてのお問い合わせには、一切お答えできません。
 てか、自分で調べるべし。
・本記事に従って操作したらデータが破損した・消えてしまった、といった苦情に関しても当局は一切関知しません。
あくまで自己責任でお願いいたします。


0

編集Tのほのぼの編集部日記

■12月xx日
 第2回GA文庫大賞(後期)への多数のご応募、本当にありがとうございました! この中にきっと将来のGA文庫を担う才能が眠っているはず……! そう思うと今から原稿を読むのが楽しみです!
 ……それはさておき、山と積まれた封筒を前に、思わず「全部で480本だから一人あたり70本弱読めば……」的な計算をうっかりしそうになってやめました。やめましたよ!
 だって、長い階段の先を見てしまったら心が折れて登れませんからね。足許の一段一段を丁寧に踏みしめて登れば、おのずと頂上への道はひらけるものなのです……!
 ……それにしても70本弱か……。1本あたり2時間として合計で140時間≒6日強……(だから計算したらいかんて!)
■12月xx日
 編集部の惨状は先日アズラエルちゃんが報告した通りなので皆様もご存知かと思います(※ちなみに私の机もしっかり激写されてました……まぁ、きたないからね……)。
 しかしあれからひとつだけ変わったことがあります。地滑りがありました。雪崩とも言います。本や資料や原稿が、見事に混沌状態になりました。どこに何があるのか判りません。助けてニャル子さん!
 これまでは「片付いてないように見えても、どこに何があるかはちゃんと把握している!」と強弁してきた私ですが、最低限、物理的被害は招かないようにすべきだと激しく学習しました。それはこの歳になって学習すべき事項なのかというツッコミは受け付けません。
■12月xx日
 流行りのTwitterなるものを始めてみました。
 なるほど、気軽に書き込めるのは確かにいいかも。キーワード検索でリアルタイムのつぶやきを眺めていると、ブログでは見えてこない情報の流れが見えてきて面白いし。
 ただ「考えずに書いている」人が多いせいか、無意識のうちに本音を吐露したり、自分でも気がついていないであろう生活習慣・考え方をご開陳している方も多数いらっしゃったりして……。これは「気軽さ」の生む「怖さ」だなあ、とも感じました。ご用心ご用心。
 とりあえずTwitterで季語なし俳句をつぶやき続けている人がいたら、おそらく私なので捜さないでください。
■12月xx日
 早くも忘年会のお誘いがちらほら……。そうね。忘れたいことなら山ほどあるよね。ふっ。
■12月xx日
 みなさんは年末進行って聞いたことありますか? 食べ物じゃありませんよ。
 年末年始、印刷所さんが休みに入るので、必然的にいつもより進行が巻き巻きになる地獄のイベントのことです。他にもお盆進行、GW進行がありますが、年末進行の破壊力は「まじぱねぇ」のです。現に今その破壊力に、リアルに破壊されかけている私がいます。いつもより1週間早い進行なんてありえねえよ……。
 生きていたら、また来年お会いしましょう。
(続く)


0

webラジオ公開中! ドラマCD「織田信奈の野望」

 よく見るサイトは「ラノベ365日」、サトです。本日はドラマCD情報。


「織田信奈の野望」は春日みかげ先生、みやま零先生のコンビによるラブコメディ! 高校生の良晴が突如、飛び込んだ世界は戦国時代!? そこで出会った一風変わった少女は織田信奈と名乗った……。「信長は女の子だった!?」と話題の本作が早くもドラマCD化です! 
 現在、ドラマCD公式ホームページでこの作品のWebラジオ「皆口裕子の野望 ドラマCD『織田信奈の野望』を10倍楽しく聴く方法」を公開中!
 織田信奈役の皆口裕子さんと、蜂須賀五右衛門役の金田朋子さんが出演しています。「ラブプラス」の姉ヶ崎寧々役でも人気の皆口さんの“お姉さん”なボイスと、金田さんの役柄にあわせた(?)、噛み噛みなボイスのトークがこちらで楽しめます
 さらに2010年1月22日発売のドラマCD「織田信奈の野望」を、コミックマーケット77で先行販売決定! 以下の企業ブースで発売予定です。
・GA文庫/ゲーマガ(西4階企業ブース231)
・HOBIRECORDS (西4階企業ブース315)
・ホビボックス (西4階企業ブース422)
 ドラマCD「織田信奈の野望」をよろしく!


0

▲TOPへ戻る