「月見月理解の探偵殺人」完結記念ライナーノーツNo.1

 最近、忙し過ぎてネットも満足に見れません。でも、mebae先生キャラデザのアニメ「C」は見てます、サトです。
 6月15日に発売される5巻で完結となる「月見月理解の探偵殺人」。今回は、このシリーズの過去話なんかを、著者の明月千里先生とさせて頂きます。
「月見月理解の探偵殺人」は、第1回GA文庫大賞《奨励賞》受賞作。高校生、都築初のクラスに傲岸不遜な車椅子の少女・月見月理解が現れることからはじまる物語で、理解をはじめとする強烈なキャラクター性と、ミステリー、あるいはゲーム的な要素のある作品として刊行されました。
 こちらの1巻からの制作エピソードや、キャラに関するエピソードを2回に分けて、ご紹介です。
【エピソード編】
■月見月理解の探偵殺人
「それでは――《探偵殺人ゲーム》を始めよう」


20110608_rikai01.jpg

<明月千里>
・色々と思い出深い一冊です。出版上まずい表現が一部ありましたので、その点の修整がありました。
 それ以外は、大概の暴言はそのままですね。
 当時は編集さんの印象に残る原稿を書きたい! と思っていたので、削られるのも承知だった面もあります。
・投稿直前の段階では、実際ラストで○○と○○は○んでました。
 ただ、当時のGA大賞は第1回で、レーベル傾向が分からなかったので、
 「これはちょっとまずいかもしれない、様子を見よう!」
 という打算的な思考が働いてギリギリの段階で修正し、あのようになりました。
 それと、ものすごい後味が悪かったんですよね。初期バージョンですと。
 ちなみに投稿直前の結末もアリでしたか? と、聞いたら、「ねーよ!」と言われましたので、助かったな、と思いました。
 まあ、続編は完全に作れない流れでしたので。
・個人的には理解がヒロインらしかぬ悪い顔に描いていただけたので大満足でした。
 車椅子の描き込みとか、構図とか、色々見所がありましたね。
・表紙の下の《狂気の殺人包丁》は編集さんのアイデアですが……ほとんど気付かれなかったんじゃないかと(笑)。
<担当編集>
・投稿作の時からの修正は、木崎キリナのセリフのみで、理解のセリフはそのままです。
・ラストの展開も投稿作通り。個人的好みからはラストは○○と○○を○○するのもありだと思ったり。そしたらシリーズ化できない読後感の作品になっちゃいますが(笑)。
・挿絵のインパクトがすごい。mebae先生のアイデアによる構図です。
■月見月理解の探偵殺人2
後輩の星霧交喙らとともに《ノアズ・アーク》に閉じ込められる。

20110608_rikai02.jpg

<明月千里>
・交喙が可愛いですねー。2巻はほぼこの一言に尽きます。
・当時はまだ時間があったので、思いついたことは全て入れていました。
 そのせいで、最終的に苦しんだのは自分なんですけどね。
 執筆難易度的な意味で……。
・冒頭にフロア概要がありますが、間取りやフロアについては作者も混乱していたので、正直助かりました。
<担当編集>
・交喙ちゃんマジ天使。
・プロットと全く違うラストを明月先生は書いてきました。面白かったのでOK。
・冒頭のフロア概要は、元よりミスリーディング目的ですので、物を投げないでください。
・『絡新婦の理』は明月先生は未読で偶然、編集は大好きで採用。
■月見月理解の探偵殺人3
「今回は、そう――君に犯人になってもらう」

20110608_rikai03.jpg

<明月千里>
・「そのキャラは殺さないでください」「え、バラバラにしたいんですけど……?」
 こんなやりとりがプロット段階で延々と続いていました。
 まあそのキャラは4~5巻も出てくるので、今となってはよかったのかもしれません。
・カバーイラスト、パジャマか、水着か、キャミソールのどれでもいいですよ。
 というお願いをして、迷わずに際どい水着を選んだ担当さんはさすがだと思いました。
 何気にドクロマークのパジャマは4巻で登場しています。
・夏場と海ということで、イラストにも色々していただきました。
・《ゾディアック・コード》は1巻当時、一部で69と言われていたらしいので、選ぶマークをミスったかなと思いました。
 下ネタをやりたかったわけじゃないんだ……。
<担当編集>
・プロットで一番難航した作品。白黒はっきりしない、グレイなところを最初から狙った作品でした。
・mebae先生の描くカバーの戦闘力がヤバイ、見た瞬間スカウターが壊れた。
・編集のリクエストなしに、素敵なサービスシーンが色々と。
・《ゾディアック・コード》初出。1巻の口絵3のお腹のマークですよ。
・原稿最後に驚きの引き、ちょっと! 聞いてないよ!
■月見月理解の探偵殺人4
死の噂のある《探偵殺人ゲーム》に初の妹・遥香が巻き込まれる!

20110608_rikai04.jpg

<明月千里>
・ネタ自体は最初からあったのですが、結局ガチでついて来られる人がどれだけいるんだろう? というのが一番不安でしたね。
 元ネタのゲームですら、最初の2、3回のプレイは、よくわからないレベルの難しさなので。
 単に元ネタのゲームの再現だけなら、ネットのログを漁った方が早いので、その辺りを色々と考える必要がありました。
・宮越さんは割と好きなキャラではあるんですが、色んな意味で物語と絡ませ辛いので、出せてよかったです。結局かわいそうな役回りでしたが、彼女も本望でしょう(たぶん)。
・物理的なトリックとか、時間計算が絡まない時点で2巻よりはマシでしたが、それでも地獄でした。
・『忌月』の仮面の元ネタはマリオUSAの「ヘイホー」みたいな仮面。って例に取り上げたんですが。
 「何ですかそれ? またそんなマニアックなものを……」と担当さんに言われ、
 「いや、有名ですから!」というやり取りをしたのを覚えています。
 担当さんが私をどんな目で見ていたのかがよくわかりました。
<担当編集>
・1巻で描写されることのなかった《探偵殺人ゲーム》をガチでやることに。細かいルール設定と、読者のわかりやすさのバランスのチューニングが大変。
・妹ちゃんのお話。あと「空気ヒロイン」として人気だった、宮越さんも出番多めで良かったね!
・原稿チェック中、作品上、キャラクターが嘘や強引な論理をふりかざすので、初稿段階では、矛盾、瑕疵なのか、キャラのブラフなのかが読んでいてわかりにくく、大変だった印象。しんどかったですわー。
■月見月理解の探偵殺人5
豪華客船『ナグルファル』で最後のゲームが始まる!

20110608_rikai05.jpg

<明月千里>
・疲れた……、ほんと疲れた……!
・最初は「今回は230pでまとめますんで(キリッ」とかドヤ顔で言ってたんですが、気づいたら400p超えてました。
 何を言ってるのかわからないと思いますが、私もわけがわからないよ。
・そういえば、結局元ネタが人狼ってあとがきに書くのを忘れてしまった……。
 まあいいや! よろしくお願いします。
<担当編集>
・4巻の苦労が再び! その分、読み応えのあるものになったかと。
・「ボリュームは気にしないで面白いもの書いてください!」と言ってたら400ページに!
・内容はお楽しみに!
続きは「月見月理解の探偵殺人」完結記念ライナーノーツNo.2」にて。


0

▲TOPへ戻る