気鋭のニューフェイスが贈る新感覚の群像ファンタジー「スクランブル・イレギュラー」発売です!

こんにちは、GA文庫のぺんぎーです。
今回は間もなく登場の新作をご紹介!

 

 

スクランブル・イレギュラー 悪魔使いと6つの異常(エラー)
(著:只木ミロ/イラスト:鳴瀬ひろふみ
第10回GA文庫大賞で《優秀賞》を受賞した作品が12月15日頃発売です!


 


とんでもなくぶっ飛んだ、ヤバい連中がひとつの場所に集まったとき、

先行きの読めない物語が走り出します!

 

場所は超豪華飛空船。乗客はただの金持ちばかりかと思いきや、

一癖も二癖もあるとんでもなくヤバい奴らが、

それぞれの目的を持って集まっていました。


一言で身体の自由を奪う天才幼女催眠術師

臆病な最老の殺し屋、自爆を繰り返すテロリスト宗教の教主

あらゆる幸運を労せず手に入れる男

そして船を設計したのはオーパーツじみたマッドサイエンティスト……

主人公のヴィクトは小説家にして、大悪魔キルデスを使役する悪魔使い

とある本を探して、船に乗り込みました。

 

とにかく多数のぶっ飛んだキャラクターが登場する本作。

一人ずつ紹介しつつ、この飛空船でどんなことが起きるのか見ていきましょう。

 


ヒロインのリーゼロッテは貴族令嬢。

弱者のために力を尽くすことが貴族の使命だと信じてやまない、

ちょっと変な女の子です。

口癖は「ノブレス・オブリージュ」

「貴族的使命」「貴族的謝罪」「貴族的戦闘」「貴族的勇気」etc…

全部「ノブレス・オブリージュ」です。

爆弾テロが発生し、小説家のヴィクトに命を救われた彼女は、

一般の乗客を守るのが「貴族的使命(ノブレス・オブリージュ)」であると、

船の中を走り回ります。

 


「わたしが治せるのは外傷とテレビだけ」

「わたしはご主人様とずっと一緒。実質、嫁」

 

ヴィクトが使役するキルデスは、願いを反対にして叶えるひねくれ者の悪魔。

自分を召喚したヴィクトに「地獄へ帰れ」と命じられ帰るに帰れなくなったことから

なぜかヴィクトに惚れ込んで、とりついています。


 

「………………まさ、か、この歳でおもらしするなんてね。ふふ、惨め」

 

道中、彼らは一人の少女に出会います。

少女の名前は椎名フラン。天才催眠術師、ヤバい奴です。

そのちからは、絶大。

ひとこと声をかければ、たちまち洗脳されてフランの“家族”になってしまいます。

“家族”欲しさに彼女はそれを無邪気に使い、船内をさらなる混沌に導きます。

 

と言ってもそこは12歳の少女。

混乱のなかでおもらししてしまったり、

気遣ってくれたヴィクトを気に入ってしまい、

“家族”にしようと、つきまとうようになったり……。

 


「邪教ってのは、逝けたら楽になるんだよ」

 

一方、爆弾テロを企てたのは「平等」=「死」を奉ずる邪教の教主

パネロペとその信者たち。

自爆を繰り返し船内を混沌に陥れた彼らは

その勢いで船を墜落させようとしますが、

そこに尋常でない敵が立ちはだかります。

 


「怖くて怖くて……ついつい余計な殺しをしてしまいました」

「銃弾はね……まっすぐにしか飛ばないんですよ」

齢80にして現役、最老の殺し屋、岡田米助。

幼い頃から殺しの才能に特化した人間であり、

尋常でない臆病者であるがために、あらゆる準備を怠らず、

結果、一度として失敗したことがない。

リーゼロッテを暗殺するために船に乗り込んだ彼は、

その障害となるモノを全て排除しようとします。

 


 

《解るだろう、キミならさー。

ボクがどういう目的でこの船を造り、ボクが今から何を見たいのか、さー》

《キミのそういうところ、ボクは大好きだよ》

 

この超豪華飛空船を開発したのはダークマタ教授。

ただひとり世間と隔絶した技術を持つ、

オーバーテクノロジーな天才マッドサイエンティスト

ヴィクトとは旧知の間柄で、仲の良い友人であり、ライバルのような関係。

船を開発したのも、単に乗客をもてなすのではない“とある”理由があり、

ヴィクトもそれに関わりがあります。

 


「この船は面白いよねえ。変な人がたくさん。

でも、ぼくの運命を破ってくれる人はいない」

 

アレイスト・グッドマンはハリウッド俳優ばりの美青年。

あらゆる幸運を手に入れる星の下に生まれた彼は、

宝くじの高額当選は日常茶飯事、

喧嘩をすれば相手に雷が落ち、競走すれば相手のアキレス腱が断裂する。

ゆえに人生に、運命に退屈しており、

自分の想像を超えるものを探して、暇つぶしに明け暮れています。

 


※画像をクリックすると拡大されます

 

混沌と化した空の上で、

多数のキャラクターがそれぞれの目的のために力を尽くします。

各キャラクターの物語は並行し、交差し、そして一つに収束していきます。

ぶっ飛んだキャラクターながらどこか人間らしい彼らの生き様と、

「このキャラクターがここで繋がるのか」という驚きに、

ページを繰る手が止まらないこと請け合いの本作。

 


↑ちょっぴり長めの試読版はこちらから!

特典情報はこちらへ!

只木ミロ先生と鳴瀬ひろふみ先生が贈る

「スクランブル・イレギュラー 悪魔使いと6つの異常(エラー)

12月15日頃発売!

どうぞよろしくお願いいたします!


0

▲TOPへ戻る