1月の新刊がやってきました!

顔は恐いけど心は優しいサトさんより譲ってもらったpomeraが、新人賞の選考に大活躍な今日この頃、みなさま如何お過ごしでしょうか。
こんにちわ、みっひーです。

今日は編集部にやってきた1月の新刊についてのお話し☆



今回もみっひーがちょっとだけご紹介~♪

「くりぽと2 すくすく☆魔法少女塾」
家族の居ぬ間にりりすが押しかけて来てさぁ大変! 「ょぅι゛ょ×お泊まり」にピンときたかたはぜひどうぞ。
わたしは帯の裏に隠されている太ももに思わず見とれちゃいましたっ。

「理の守護神さま。二.和気喧騒の三姉妹」
時雨より樹里を護衛する役を言いつかった、魅柚を中心とした三人娘の軽快なやりとりが今回のみどころ。
もちろん時雨の言葉責めや、ひたすら弄られる樹里も相変わらず強力です☆

「ノブレス・オブリージュ2 ~成瀬春水の艱難~」
王子役の沙矢香さま。王女役の春水さま。悪の剣術使い役の七海さま。今回はルミナスフォースによる文化祭の出し物演劇!
……女の子同士の友情のお話しって、読んでてドキドキしちゃうんですよね(照)

「ライトノベルの楽しい書き方 5」
クリスマス、剣が尽くす女に大変身! でも、そんな無理(失礼)をしちゃうもんだから……なお話し。
今回はなんと姫宮美桜先生作『蒼色海月党』が作中内でちょっとだけ読めちゃいます。必見だよっ!

……ってことで、1月の新刊を今回はゆるーくご紹介してみました。
「みっひーの紹介、全然わからんよ!」って方、ごめんなさい。詳しい情報はこちらの公式ページも読んでみて下さいね。
それでは、またお会いしましょー。

ばいばい……ねっ☆


0

GA文庫大賞「表記ゆれ」のこと

 よく見るサイトは「少年少女科学倶楽部」、サトです。GA文庫大賞の応募者さん向けの話題、「表記ゆれ」に関してになります。
「表記ゆれ」とは、同じ単語を複数の書き方で記していることを意味します。
パターンとしては、以下のような感じかと。
・漢字のもの/漢字を開いたもの(漢字→かな表記の意)
例:可愛い/かわいい、かも知れない/かもしれない、何故/なぜ
・(ほぼ同意ですが)異なる漢字のもの
例:覚える/憶える、傍/側、鏖/皆殺し
※このパターンは漢字によって意味が異なってしまう場合があるので注意。
 「表記ゆれ」は、現役のプロの作家さんでも初稿の段階ではよくあります。これを校正(プロの校正者のチェック等)の過程で修整を行い、本は作られております。
 「表記ゆれ」は「どちらが正解」というものではない場合が多いので、「自分はどの表現、言葉で書いていくか」ということを意識的に決めておくと良いかもしれませんよ。そうすることで「自分の文体」というものに統一性が出ますし、執筆時にセンテンス単位で意識して書いていくことにより、文章の粗さがなくなる効果もあるかもしれません。
 作家さんによっては、シリーズによって文体を切り替える方もいらっしゃいますが、制御の難易度はちょっと高めな印象です。
 ただし、こうした「表記ゆれ」が審査に影響することはありません。応募作がふるわなかった場合は、別の原因を考えましょう。
 応募作で時折あるのは、途中までは一方の表記で進み、途中から表記が変わるパターン。おそらくパソコンの日本語入力システム(ATOK、MS-IME等)の変換順が、執筆途中に切り替わってしまったものと思われます。
 あと、キャラのセリフによって表記が変わるのは、そのキャラの個性にもなるので、全てのキャラのセリフで表記が一致していないといけない、というわけではありません。
 応募作を執筆される皆さんは、「ENTERキー」を押す前に、その言葉、その表現で良いのかということを一度念頭に浮かべてみてはいかがでしょうか? 一文一文の完成度が上がるかもしれませんよ。
 第3回GA文庫大賞の前期の締め切りは5月31日(当日消印有効)です。皆様からのご応募お待ちしております!


0

一次発表まであと○○日

 村正二刀流で侍がものすごい手数になっている今日この頃。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
 GA文庫K村です。
 いやぁ、いいですね、「エルミナージュ2」。
 手裏剣二刀流忍者に変幻の加護を付けたら、ザコの首を落とす落とす。
 もうね、戦闘がすんごく快適なのよ。
 侍くんも他のキャラのレベル上げにいつも付き合わされるもんだから、1人だけレベルが突出しちゃってつばめ返しの発動確率がほぼ5割。
 村正二刀流の切り返しが冴え渡ってますな。
 さて、そんなこんなでGA文庫大賞ですが、ただいま一次審査の読みをわっせわっせとやっております。
 正月もそこはかとなく読み進んでみたりして、ただいまの進捗状況……。
27.0%!(1月8日 13:18現在)
 ……。
 …………。
 ………………。
 えっと、あと何日あるんでしたっけ??????
 お、終わる気がしねぇ。
 村正探しの旅なんてやってる場合じゃなかったか!?
 よし! 編集部の諸君!
 明日から応募作読み合宿をやるぞ!
 二刀流でバッサバッサとクリティカルを連発するのだ!
 なんか作家じゃなくて編集が缶詰ってのが非常にアレだが、各自担当分を読み終わるまで、最寄りのマンガ喫茶にこもるのだ!
 皆のもの! 籠城だ!
 というわけで、GA文庫編集部は今日からしばらく不在にします。
 お問い合わせ等のレスが激しく遅れるかもしれませんが、ご理解くださいまし。


0

「月見月理解の探偵殺人」mebae先生のラフ大公開!

 よく見るサイトは「日刊リウイチ」、サトです。本日は12月に刊行のGA文庫大賞≪奨励賞≫受賞作、「月見月理解の探偵殺人」のキャラクターラフなどの一部をご紹介します。
「月見月理解の探偵殺人」のイラストは「AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~」や「GENEZ ジーンズ」のイラストでも有名なmebae先生が担当、個性的なキャラクターを表情豊かに描いて頂きました!
カバーラフ
 カバー案に数案頂いたのですが、その中でも目を引いたのがこのB案。
編集「B案も個人的に大好きなんですけど、社内の相談ではA案が良いのではという話になっております」
明月「A案で了解です。……でもB案も良いですよね」
編集「…………」
明月「…………」
 というような相談も著者の明月千里先生とありまして、口絵にて採用させて頂くことになりました。


キャラクターラフ
【注意】多少のネタバレがあるかもしれません。
 登場キャラクターのデザインラフです。原稿に描写のないポイントも、mebae先生からいくつもアイデアをご提案頂き、使用させて頂きました。





カバー案
 ライトノベルのカバーは、デザインが決定するまで、様々な案で検討しております。その中の一部をご紹介、採用されなかったデザインも、作風にはよくあっていますね。



 こういったカバー案、キャラクターラフを通して、「月見月理解の探偵殺人」は一冊の本になりました。是非、お手にとって楽しんで頂ければ幸いです。


0

新年明けましておめでとうございます

 年末年始の某スレが黄金水と膀胱炎の話題に終始してぐんにょりな今日この頃。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
 GA文庫K村です。
 というわけで、やってきました2010年。
 ようやくというかなんというか、今年で5年目を迎えることができました。
 それもこれも、応援してくださった読者のみなさまあればこそ。
 本当にありがとうございます。
 GA文庫はこれからも相変わらずの前のめり精神でバリバリ精進していきますので、どうかご声援のほどよろしくお願い致します。
 あ、とはいえ、黄金水方面に邁進する予定はありませんので、念のため。


0

▲TOPへ戻る