応募要項についてのおはなしII

寒いですね。あったかいもの食べたいな♪
みっひーです。こんにちわ。
きょうは、(月末に迫った新人賞に)作品を応募される際に多くみられる問題点や、注意点についてのおはなし。第2弾「エントリーシート編」です。
【エントリーシート編】
エントリーシートは、原稿と異なり、「データ」と「紙に打ち出したもの」のふたつが必要です。打ち出しは折りたたんでいただいても構いません。
稀に作品のタイトルや、著者のお名前が、エントリーシートと作品原稿内に書かれているもので違う場合があります。その場合「エントリーシートに記入されている名称」を正しいものとして登録させていただきます。受賞時も「エントリーシートに記入されている名称」が発表されますので、ご注意ください。
メールアドレスは可能な限り記入していただけるとありがたいです。作品受理時に、なんらかの不備があった場合、対応できる範囲でメールにてご連絡をさせていただいています。
また、文字が読みとりにくい場合、ご連絡が差し上げられない場合があります。ランダムな文字列のメールアドレスを使用されている場合は、特に注意してください。「1」と「l」、「-」と「_」、「0」と「O」、「6」と「b」など、間違いやすい文字は意外と多くあります。
携帯のアドレスなどで、ドメイン指定をされている場合、アドレスは正しいのにメールが跳ね返されてしまうことがあります。受領メールがなかなか届かない場合、ご自身のメールアドレスがメールブロック機能などを使っていないか一度確認をお願いします。
読みにくい作品名にはルビを、姓と名の区切りが解りにくいペンネームには、間に全角アキを入れてください。誤読したまま登録してしまう場合があります。
以上です。
特に、今回お話しした「エントリーシート」に致命的なミスや不備がありますと、そもそも連絡不能となってしまう場合があります。
応募の際は再度の確認を忘れないでくださいね。
次は最終回、評価シート編をお楽しみに!
さーらーばーじゃー☆


0

三獣士参上!? 2冊のポリフォニカ・ホワイト刊行!

人間、勝手なものでつい先日までは暑い、暑いとか言っていたのに……。
気がつけばもう今年も残りわずか。
編集部では怒濤の年末進行が始まっております!
12月にはコミックマーケットへの出店などもありますので、
(詳しい販売物等はまた追ってご報告させていただきます!)
いろいろ仕込みに、校了にと忙しい毎日でありまする。
さて、そんな日々ではありますが、
今月は「ポリフォニカ」のホワイトシリーズ最新刊
『神曲奏界ポリフォニカ リグレット・ホワイト』が11月15日発売になります!



20101102porisiro.jpg


精霊島で起こった学生クーデター。
その真実とは?
行方不明の精霊達はどこへ?
いろいろな謎も判明し、物語はクライマックスに向かって怒濤の展開です!
……そう、怒濤の展開。
ではあるのですが……。
担当からオススメするもう一つの見所と申しますか、
キーワードは……
「牛」「イノシシ」です。
もうね、目が離せません!
(いろいろ肉的な意味で……)
ここ、試験にでるので、要チェックです!
また、秋田書店『プリンセス』に絶賛掲載中のコミック
『神曲奏界ポリフォニカ エターナル・ホワイト』の第3巻も
いよいよ11月16日に発売となりますよー!!!


20101102porisiro_comic.jpg


こちら、タイトルは「エターナル」となっておりますが、
原作2巻『神曲奏界ポリフォニカ インフィニティ・ホワイト』と
3巻『神曲奏界ポリフォニカ ミッシング・ホワイト』のコミカライズ。
スノウが〝こちら側〟にやって来る事件が描かれている「ミナギ編」です。
藤丘先生がとても丁寧にコミカライズしてくださっているので、原作を未読で、
「もう1巻から読むのめんどくさい……」と思われている方にも超おススメ!
2冊の「ホワイト」シリーズ。
どちらもお見逃しなく!!


0

応募要項についてのおはなしっ

[壁]・)チラッ


[壁]


[壁]x・) ソォーッ


[壁]・x・) こんにちわ。みっひーです。
みなさま、第3回GA文庫大賞後期の募集締め切りまで、いよいよ残り1ヶ月となりましたね☆
そろそろ応募作の仕上げにとり掛かっている頃でしょうか。
今回から応募要項が改訂され、戸惑っている方もいらっしゃると思います。
そこで今回からわたし、みっひーが、原稿編、エントリーシート編、評価シート編の3回に分けて作品を応募される際に多くみられる問題点や、注意点についてのおはなしをしたいとおもいます。
【原稿編】
今回の募集からは紙に打ち出した原稿は不要です。作品は「データのみ」お送りください。
「紙に打ち出した原稿+作品データ」をセットでお送りいただいた場合は、今回(第3回後期募集)のみ受領いたします。
「紙に打ち出した原稿のみ」お送りいただいた場合は、応募規定外の作品として扱わせていただきます。
作品データはCD-RかFDに入れてお送りください。他のメディアの場合、編集部では読み込むことができません。
お送りいただく作品データは、必ずテキストファイル(メモ帳をはじめとした、拡張子が「.txt」となっているデータ)にて保存してください。未だWordファイルや一太郎ファイルにて原稿を送ってこられる方がいらっしゃいますが、これらの作品は選考の際応募規定外の作品として扱わせていただきます。
作品データは章ごとなどに分割せず、冒頭から最後までを1つのファイルに保存してお送りください。ひとつの作品が多くのファイルに分割されていると、読む順番を誤ったり、読み落としが発生することがあるためです。
以上、応募原稿に多くみられる問題点&注意点でした。
「原稿データは必須、紙の打ち出しは不要」と覚えてくださいね。
ちなみに紙の打ち出しが無くなった為か、応募封筒の大半を占めていたエクスバックが減り、CDケースが入る程度の大きさの封筒が増えています。
エコ……ですよねっ♪
ではでは次回、エントリーシート編にてお会いしましょー。
したっけねー☆


0

秋葉原にて「逢空万太選書」を入手せよ!

すっかり秋ですね。
ご飯の美味しい季節となりました――。
……。
…………。
そう書き出すつもりだったのにっ!
なに? この寒さ。
もう冬将軍ですか! そうですか。
実りの秋は今年は無しですか!!!
――これ以上デブるなっていうお告げか?
「読書の秋ですね!」って書いて紹介するつもりだったのですが。
ともあれ、まぁしょうがない。
さて、現在、
秋葉原の「ヨドバシAKIBA店」7階にございます、有隣堂書店様にて、
著者が薦める「俺棚」選書にて、ななな、なんと!
『這いよれ! ニャル子さん』でおなじみ?の
逢空万太先生のお薦めが登場しておりますよー!


101029oretana.jpg

ライトノベルだけでなく、幅広くお薦めされていますので、
お近くをお通りのさいは是非、覗いてみてくださいね!
意外な本に出会える――かも?
それぞれに、お薦め理由がコメントされていますので、
そちらもお楽しみいただければと思います。
12月16日(水曜日)まで開催。
また、11月16日(火曜日)まで対象書籍に、サイン本の購入権利が当たる応募券が封入されているとのこと(当選発表は11/24(水)にツイッター、店頭にて発表予定)です。
詳しくは、書店様HPをご参照ください。


0

応募前に改稿、チェックをするんですに。

 よく見るtwitterは「mangaohclub」さん、サトです。GA文庫大賞の応募者さん向けの話題です。タイトルの「ですに」は釣りです。
 第3回GA文庫大賞後期の締め切りは2010年11月30日(当日消印有効)です。応募作はたいてい、締め切りあたりに集中します。ギリギリまで面白い作品を書き上げよう、という方が多いのでしょう。
 ですが、ギリギリまで引っ張って書かれる分、最終的なチェックの時間をかけずに応募されたのかもしれないと感じる作品も少なくありません。
 ひとつのご提案としては、原稿を書き上げる日程を可能ならば繰り上げ、応募前に改稿、チェックをすることをオススメします。
 既に実施されている方には、「いまさら」な意見かもしれませんが、改稿することで、作品の構成バランス、細かいミスの修正が可能です。場合によっては致命的なミスを発見、修正することができる場合もあります。
 これまでの選考で原稿を拝見して、「○○○が問題だけど、面白いのでOK」という判断で一次選考を通す作品があるのですが、以降の選考上、他の編集者に同様の○○○の指摘をされることが多いです。そういうポイントは無くせる弱点だったかもしれないのに、ともったいなく感じます。
 GA文庫大賞では希望者全員に、評価シートをお送りしております。その中で、作品の良かった点、課題となる点等を挙げてはいるのですが、実際には評価シートに書かれていない要素も含めて、総合的に選考の可否を決めていることが多いです。評価シートで書かれているのは、特に目立ったポイントへの意見と思っても良いかもしれません。
 そういう総合的な選考時に、欠点の目立つ作品と、そうではない作品は、票に差が出る可能性があります。
 そもそもプロの作家さんでも、初稿の完成度が高い作品は一部の作家さんだけという意見も聞きます。これからプロになる方の初稿が、修正点のない、ということも少ないのではないでしょうか。
 それがギリギリまで良い作品を、と思うあまり、結果として完成度の低い作品を応募することになっている方がいるとしたら、それはもったいないことだと思います。
 初稿アップ後、改稿完了後のチェックに時間をかけることができていない……と自覚のある方は、これを機に是非一度、意図的に時間を割いてチェックしてみてはいかがでしょうか? 作品のレベルアップにつながるかもしれませんよ?
 前回、もったいないなーと感じる作品がいくつもあったので、こんな意見を書かせて頂きました。
 第3回GA文庫大賞後期の募集締切りは2010年11月30日(当日消印有効)です。皆様からのご応募お待ちしております!


0

▲TOPへ戻る