第三回GA文庫大賞授賞式!

こんにちは、アズラエルです。
去る5月9日、都内某所で「第3回GA文庫大賞」の授賞式が開催されました。
新たにGA文庫に加わった人達の今後の大活躍に期待したいわね。
第3回GA文庫大賞受賞者集合写真
[ 受賞作の一部はすでに好評発売中! 今後もどんどん登場予定!!  ]
■おとーさんといっしょ! 少女とメガネとハイペリオン
 (こちらで試し読みもできます!)おとーさんといっしょ!1巻
授賞式に続いて行われたパーティには、多くの作家さんやイラストレーターさんといった諸先輩方が出席。受賞者を温かく祝福してくださっていたわね。
またパーティの冒頭では、彼らの大先輩である榊一郎先生からお言葉をいただきました。榊先生、ありがとうございます!
あとは、プレゼントの抽選会などを経て、パーティは終了。場所を移して行われた2次会も大盛況だったわね。さすがに受賞者たちは終始緊張していたみたいだけど、いろいろな方のお話を聞けて、良い刺激になったみたい。
これからのGA文庫を支える新たな力の躍動に、ご期待ください!


0

ドラマCD「よりよりといっしょ!」収録台本公開

こんにちは。もなです。
5月発売「ゆうれいなんか見えない! 4」のアニメイト・ゲーマーズ様限定版として付いてくる、
ドラマCD「~よりよりといっしょ! ~」のジャケット、完成台本特別版を大公開です。
脚本は原作のむらさきゆきや先生書き下ろしとなっております。
ジャケットイラストだって、もちろんむにゅう先生の描き下ろし!

110428yuurei_jacket.jpg

台本特別版はこちら!
※PDFとなります。ご覧頂く際は、Acrobat Readerを最新版にしてご覧下さい。
今回のドラマCDは、依ちゃん(CV:田村ゆかり)1人のみの出演ですが、皆様に公開する台本には新たに敦志パートを追加しております。
敦志になりきって聞いて頂くのも良し、もちろん皆様ご自身のイメージで依ちゃんとの会話を楽しんで頂くのも良し! じっくりとお楽しみ下さい。
現在、アニメイト・オンラインショップにて好評予約受付中
完全限定版ですのでお見逃しなく!
最後に、収録終了後のマイク前記念写真です。田村さんありがとうございましたっ! 
110428yuurei_tamura.jpg
※完全限定版のため、無くなり次第終了とさせていただきます。ご了承下さいませ。


0

GA文庫大賞についてあれこれ

 やっとアルバトリオンとアカム&ウカムが出せるようになった今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。GA文庫K村です。
 というわけで、チマチマ進めてきたMHP3。
 座右の銘が“楽”なK村としては、いかにして楽にクエストを進めるか、というのが非常に大切なわけですが、そんなK村が今回メインで使っているのは大剣であります。
 納刀スキルで動きも軽快。
 抜刀会心で攻撃力もバッチリ。
 スキル次第ではスタンも取れる。
 こんな大剣がステキすぎて、2Gであんなにお世話になったハンマーを全然使っておりませぬ。
 いやまぁ、もともとハンマーはレウスレイアの頭をゴッツンするのが楽しくて始めたんですけど、今回夫婦揃ってハンマー向きじゃない。
 だってさぁ、あんなにちょろちょろ飛び回ったりバックジャンプブレスを撃たれたりしたら、ヤじゃん。
 なので、飛んでいても届くリーチがあり、ガードもできる大剣にメイン武器をお引っ越ししちゃったわけ。
 んで、次によく使うのが片手剣。
 ベリオロスたんとかアグにゃんとか、地面から近いところに体があって、ちょこまか動きながら攻撃した方が楽しい敵には、こっち。
 ただ、こちらも敵の攻撃を回避スキルですり抜けては斬り、的熟練の技ではなく、
「よっしゃあっち向いたぞ行け~~~~~!」
「わ~、こっち向いたぞ逃げろ~~~~~!」
ってな感じで、まあ言ってしまえば子供のサッカーみたいなプレイスタイルですが。
 あとはこれにオートガードガンランスを交えつつ、ってとこでしょうか。
 ていうか、金銀とか肉質がアホみたいな設定になってるんで、○ボタンを押すだけのガンランスは非常に楽。
 とりあえず突破したいときとか、素材集めとか、大変重宝しております。
 まだ使ってないスラッシュアックスとか狩猟笛とかやりたい武器がいっぱいあるんで、そのへんはまた機会があればご報告ってことで。
 というわけで本題。
 ただいま第4回の募集をさせていただいているGA文庫大賞ですが、これまでと一部変更がありますので、それについて少し解説&注意点について。
<外部スタッフの参加>
 これまでは1次審査から全て編集スタッフが読んでいましたが、今回から外部スタッフにも参加してもらいます。
“1次審査はまるごと外出し”ではなく、編集も読むけど、外部の人にも手伝ってもらう、というスタイルですね。
「最初から編集に読んで欲しいんじゃ~~~!」
という人には申し訳ないのですが、今回からそのようなやり方とさせていただいております。
 1次を突破してしまえば、いやでも編集の目に触れますので、ぜひ突破してください。
<1次審査の基準について>
 今回1次は外部スタッフと一緒に審査するということで、通過する作品とそうでない作品に関してどこで判断するか、ということについて摺り合わせをしています。
 これですが基本的な考え方として、
“完成度より光るところ”を重視する、
というスタイルです。
 言い換えると減点法で落とすのではなく、弱点があってもそれを上回るいいところがあれば通す、という考え方ですね。
 んで、もし迷ったら別のスタッフが読んで2人で判断する、という手順を踏む予定。
 もちろん日本語になってないとか、どう考えても10代向きじゃないとか、そういうのは別ですが、1次の審査に関しては“落とすために読む”ではない、というのが基本姿勢となりますです。
<評価シートについて>
 これについては今まで通り、希望者には評価シートを送付させていただきます。
 つまり、1次審査に参加する外部スタッフの人も評価シートを書き、それを編集がチェックしてから発送する、という手順を踏みます。
 まあチェック自体はこれまでもやっていましたので、そのへんはあまり変わらないかな、と。
<応募要項についてあれこれ>
 守ってくれぇぇぇぇぇ!
 ってのはさておき、以下ひとつずつ思いつくままに。
・応募作のファイル形式
 テキストファイル一択!
 いまだに守られていないケースがあるので、ご注意くだされ。
 なお、テキストファイルに関してはこちらを参照のこと。
・1作品1ファイル
 ひとつの作品を章ごとに分けたりするのはダメ。
・メディアはCD-R推奨!
 なのだけれど、応募要項にあるとおりフロッピーディスクでもOK。
 書いてないけど、DVD-Rとかでも大丈夫。
 でもブルーレイとかフラッシュメモリはやめて。
・受領メールの確認
 応募作を送ってから2週間経つのに受領メールがこない!
 という場合は、
 ga-info◆cr.softbank.co.jp(◆を@に変えてください)
 までお問い合わせください。
 その際、本名、応募時のペンネーム、作品名、発送した日
 を明記していただけると幸い。
 てか、何も書かれていないと探しようがないでする。
・連絡用メールアドレスについて
 携帯のメールアドレスだと、編集部からのメールがキャリアにブロックされることがあります。
 んで、その場合メールが届かなかったことがこちらにはわかりませんので、携帯ではないメールアドレス推奨。
 @yahoo.co.jpとか@gmail.comとか、いわゆるフリーメールアドレスで十分です。
 また、メールアドレスを手書する場合、“l(エル)”と“1(イチ)”や“0(ゼロ)”と“o(オー)”など見た目で判別しにくい文字がありますので、ご注意ください。
・あらすじ
 ちゃんと書いてくださいまし。
 ネタバレを恐れる必要はないです。
 ただし、これ自体は審査に全然影響しません。
 そもそもK村は本編を読む前にあらすじ読まないですし。
 なので、あまり力まずに書くとよいです。
・傾向と対策というか、作品に対する基本的な考え方
 10代向けのエンタテインメント、というのが全てです。
 しかも行間(行間ないけど)には“男子向け”というのがそっと忍ばせてあります。
 仮に「GA文庫」というライトノベル雑誌があり、それに毎週作品が載る、と考えてみてください。
 そこでアンケート結果が悪ければ連載はストップする、と。
 コミックでは一般的なスタイルですが、同じことをライトノベルでもやっている、と。
 で、その視点で作品を見たときに、連載で人気が出そうな形になっているかどうか。
 または、その雑誌の読者が「え? なにこれ?」となってしまわないかどうか。
 ひとつの考え方にすぎませんし、本当に大枠の部分なのでなんとも説明が難しいんですが、目安としてはそんな感じです。
 もちろん
 >“完成度より光るところ”を重視する、
 というのが基本方針なので、
「オレ的傑作アップ! いっちょ送ったるぜ!」
 で送っていただいて大丈夫。
 ただ、最終的には上記のような視点で作品を評価されますし、受賞した後担当編集と、
「さて、どうやってこれを寄せていこうか」
 みたいなやりとりが発生する可能性があります。
 まあそのへんはトラタヌではありますが、でもデビューしてからはそれがもっとリアルな形で発生しますので、今から少し意識しておくとよいんじゃないかなぁ、と。
 というわけでGA文庫編集部は、みなさまの熱い作品をお待ちしております。
 第4回GA文庫大賞をよろしくお願い致します。


0

編集Tのほのぼの編集部日記

■4月xx日
 GA文庫編集部の所在地は港区赤坂。
 ですので、他の場所では見られない、赤坂ならでは光景が結構あったりします。
●「外―XXXXXXX」というナンバープレートを良く見かける。
 最初は「これ、なんだろう?」と思ってましたが、この「外―XXXXXXX」というのは大使館の車にだけ与えられるナンバープレートなんですね。地図を見ると判るんですが、赤坂にはそれはそれは大使館が多いです。
 ということで他の地区ではめずらしいであろう「外―XXXXXXX」も結構頻繁に目撃できるというわけです。まあ、見たから何があるってわけじゃないんですけどねw
●普通に芸能人とすれ違う。
 TBSのそばということもあって、わりと普通に芸能人のかたとすれ違ったりします。みなさん、わりあい普段はノーガードで行動してらっしゃるんですね。何気に買い物をしていると、レジに意外な有名人が並んでたりしてびっくりすることもあったりします。
 ちなみに私が一番遭遇した回数が多いのは死神博士こと天本英世さんでした。なぜか判らないですけどヒット率は異常に高かったです。やはりあの異様なオーラが人目をひくのでしょうか。
●夜の料亭がすごい。
 赤坂にはいわゆる料亭がいっぱいあります。松屋やいわQメインの私にはまったく縁遠い場所でありますが。
 そして深夜に帰り道を急いでいると、この料亭前にすごい人だかりができている時があるんですね。
 お客さんでも、従業員さんでもありません。
 そう、テレビの報道番組の人たちです。
 政治家が出てくる瞬間を狙っているわけですね。
 ――きっとこの中で美味い酒と美味い料理をつつきながら、いろんなことが密談で決定されてるんだろうなあ……と思うと、正直複雑ではありますが。
 しかしそんな料亭も昼間はわりと普通にお弁当の販売をしていたりします。でも松屋やいわQメインの私には以下略。
■4月xx日
 いえそば買いました。
 嫁さんの首がやっと縦に振れたので。
 ちなみに首の横振りが縦振りになるまでおよそ半年かかりましたが、その間にカッターの切れ味が増した「新バージョンいえそば」が出たので良しとしましょう。何事もポジティブシンキン!
 それはさておき子供と一緒にわいわい言いながら作ったのですが、これはまあほんとに楽しいですね。やっぱり自分で打つと蕎麦の味もニ割増しぐらいで美味しい気がしますし。二八蕎麦だけにね!(驚くほどうまいこと言ってないYO!)
「水回し」など、蕎麦打ちで難しいとされる作業が簡単にできるように工夫されているところはさすがです。
 でも最初2回ほど失敗して、ちゃんと麺に整形できなかったんですけど(汗) まあ、それも無理矢理蕎麦がきにして食べちゃいました。こういう失敗込みで楽しいんだなあ、としみじみ感じた休日の午後でした。
 そして他のクッキングトイにもがぜん興味が出てきた私がここに! 次は何買おうかなあ……。
 あ、横振り始まった。
■4月xx日
 通勤途中にある上野公園の桜が、今、とてもきれいです。
 今年は大変な年になりましたが、それでも桜は毎年変わらず咲くんですね。咲いてくれるんですね。
 そしてこの桜は自分が死んだ後も、同じように咲いて人の心を和ませてくれるのだろう……ということに想いを馳せた瞬間、妙にしみじみとしてしまいました。
 願わくば私も、ひととき現実を忘れて笑えるような作品を……読者の皆様が少しでも元気になれるような作品を……お届けできればと思っております! 頑張りますよ!
 そして来年もこの桜に、笑って出会えますように。


0

▲TOPへ戻る