「ゴブリンスレイヤー8」カバー&あらすじ公開!

シリーズ累計200万部突破、2018年10月にTVアニメ放送開始のダークファンタジー「ゴブリンスレイヤー」(SBクリエイティブ刊/GA文庫)。

 

 

8巻のカバーを通常版&限定版ともに初公開!
(著:蝸牛くも/イラスト:神奈月昇)

 


■あらすじ


「来てしまいました」
 そう、彼女は言った。

 

 辺境の街のギルドにやってきた至高神の大司教――剣の乙女は、ゴブリンスレイヤーたち一党に王都までの護衛を依頼する。街道には、狼に乗ったゴブリンが群れているという。

 

 一方、王都では霊峰に天より火石が落ちてきたことで、災厄の兆しが囁かれていた……。

 

 一党が訪れた時に起きる事件は、《宿命》か《偶然》か。その行方は、最も深き迷宮、最果ての深淵、死の迷宮《ダンジョン・オブ・ザ・デッド》へと連なってゆく――。
「もし四階より下へ行くのなら……帰っては来れませんから」

 

 蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第8弾! 


また9月25日にはスクウェア・エニックス社より、「ゴブリンスレイヤー」関連コミックが3冊同時発売!

 

ゴブリンスレイヤー5巻
(作画:黒瀬浩介)

 

「ゴブリンスレイヤー:ブランニュー・デイ1巻」
(作画:池野雅博)

 

「ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン2巻」
(作画:栄田健人)

 

 

◆関連リンク

「ゴブリンスレイヤー」特設サイト 
「ゴブリンスレイヤー」twitterアカウント

 

「ゴブリンスレイヤー」シリーズをどうぞよろしくお願いします。


0

「ゴブリンスレイヤー外伝2 鍔鳴の太刀《ダイ・カタナ》」キャラデザ第1弾&あらすじ公開!

シリーズ累計200万部突破、2018年10月にTVアニメ放送開始のダークファンタジー「ゴブリンスレイヤー」(SBクリエイティブ刊/GA文庫)。



ゴブリンスレイヤー」の新たなる外伝「ゴブリンスレイヤー外伝2 鍔鳴の太刀《ダイ・カタナ》」のイラスト担当のlack先生によるキャラデザインをご紹介!

まず今回は3名。



イラスト左から――

 

・女戦士
君らが城塞都市で出会う少女。
既に迷宮に潜ったことのある“経験者”。
槍を扱う只人の戦士。

 

・君
四方世界の北方にある、《死の迷宮》の入口にできた城塞都市。
そこにやって来たばかりの只人(ヒューム)の冒険者。
湾刀の術理を修めた戦士。

 

・女司教
君らが城塞都市の酒場で出会う少女。
過去の冒険で、目に傷を負っている。
至高神の権能により“鑑定”ができる。

 

あらすじはこちら。


 ――始まりが何であったのか、もはや知る者はいない。
 いずれにせよ《死》が大陸中へと溢れ出したのは、そう遠くないある日のことだった。
 時の王が御触れを出した。『《死》の源を突き止め、これを封じよ』。

 

 大陸中の勇士たちが立ち上がり、そしてその尽くが《死》に飲み込まれて屍を晒した。
 その中で、ある一党の言葉だけが残る。
『北の最果てに、《死》の口がある』。
 誰がそれを見出したのか、もはや知る者はいない。その冒険者も《死》の前に消えた。

 

《死の迷宮(ダンジョン・オブ・ザ・デッド)》。

 

 曰く――迷宮からは無尽蔵に怪物がわき出す。
 曰く――迷宮には怪物どもと共に無限とも思える富が眠っている。
 曰く――迷宮の最奥には魔神の王が存在している。

 

 死神の顎そのものである奈落の淵へ人々は集い、いつしか城塞都市が生まれた。
 冒険者たちは城塞都市で仲間を募り、迷宮へ挑み、戦い、財貨を得、時として死ぬ。

 

 君は冒険者だ。
 悪名高き《死の迷宮》の噂を聞きつけ、その最深部へ挑むべく、この城塞都市を訪れた。

 

 大人気ダークファンタジー「ゴブリンスレイヤー」の外伝第2弾!
 これは、蝸牛くもの描く、灰と青春の物語。


本編「ゴブリンスレイヤー」より、過去のお話になります。

 

小説「鍔鳴の太刀」はガンガンGAおよびマンガUP!にて近日連載開始予定、お楽しみに!

 

また、蝸牛くも氏の幻のデビュー作、剣客エンタテインメント「天下一蹴 今川氏真無用剣」(てんかいっしゅう いまがわうじざねむようけん)の小説刊行がGAノベルより決定、限定版プロジェクト実施中
こちらもよろしくお願いします。

 

ゴブリンスレイヤー」新たなる「ゴブリンスレイヤー外伝2 鍔鳴の太刀《ダイ・カタナ》」をどうぞよろしくお願いします!


0

蝸牛くも幻のデビュー作! GAノベル「天下一蹴 今川氏真無用剣」限定版プロジェクト開始!

シリーズ累計200万部突破、2018年10月にTVアニメ放送開始のダークファンタジー「ゴブリンスレイヤー」(SBクリエイティブ刊/GA文庫)。

その著者、蝸牛くも氏の幻のデビュー作、剣客エンタテインメント「天下一蹴 今川氏真無用剣」(てんかいっしゅう いまがわうじざねむようけん)の小説刊行が決定!
また同時に漫画雑誌「ヤングガンガン」(漫画:湯野由之/スクウェア・エニックス刊)においてのコミカライズも決定!

 

本作の刊行を記念し、クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」にて限定の特典付きプロジェクトを企画させて頂きました。あとがきにお名前を記載の特典や、書き下ろし小説収録の冊子等、様々なコースを用意させて頂きました。

本日、ただ今より、特設サイトがオープンしました。



Makuakeプロジェクトページへ

 

Makuakeプロジェクトページには、「なんで『天下一蹴 今川氏真無用剣』を書いたのですか?」という質問や「好きな時代小説は?」といった蝸牛くも氏へのコメント記事も掲載、ぜひご覧ください!

 

「天下一蹴 今川氏真無用剣」限定版プロジェクト
ご支援とともに、本企画をぜひ、いろいろな方にもご紹介ください。
どうぞよろしくお願いします。


0

蝸牛くも幻のデビュー作! GAノベル「天下一蹴 今川氏真無用剣」限定版プロジェクト発表!

シリーズ累計200万部突破、2018年10月にTVアニメ放送開始のダークファンタジー「ゴブリンスレイヤー」(SBクリエイティブ刊/GA文庫)。

 

その著者、蝸牛くも氏の幻のデビュー作、剣客エンタテインメント「天下一蹴 今川氏真無用剣」(てんかいっしゅう いまがわうじざねむようけん)の小説刊行が決定!
また同時に漫画雑誌「ヤングガンガン」(漫画:湯野由之/スクウェア・エニックス刊)においてのコミカライズも決定!

 

本作の刊行を記念し、クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」にて限定の特典付きプロジェクトを企画させて頂きました。あとがきにお名前を記載の特典や、書き下ろし小説収録の冊子等、様々なコースを用意させて頂きました。

 


Makuakeプロジェクトページ

※プロジェクトページは9月3日月曜に公開されます。

 

■著者、蝸牛くも とは?
ライトノベル新人賞のひとつ、第7回GA文庫大賞に「天下一蹴 今川氏真無用剣」を応募、最終選考作品に。
編集部より応募者である蝸牛くも氏に打診、『ゴブリンスレイヤー』(SBクリエイティブ刊/GA文庫)を刊行、大ヒット作となる。
蝸牛くもファンとなった読者からは『天下一蹴 今川氏真無用剣』が幻のデビュー作として、刊行が待望されていました。

 

■「天下一蹴 今川氏真無用剣」ってどんな話?
桶狭間の戦いで織田信長に討たれた、海道一の弓取り、今川義元。
その息子、今川氏真の代で、大名としての今川家は滅んだという――。

 

本書は、その後の今川氏真(うじざね)が嫁さんの蔵春とイチャイチャしつつ浜松から京都まで、織田信長と蹴鞠しにいくついでに、徳川家康から頼まれて密命を何とかするべく、「甲賀金烏衆」の忍者をバッタバッタと斬り伏せるお話、という剣戟エンタテインメント小説です。

 

■「天下一蹴 今川氏真無用剣」のイラストは、伊藤悠!
単行本レーベルGAノベルから刊行することになった「天下一蹴 今川氏真無用剣」。
本作のイラストには、漫画「シュトヘル」(第16回手塚治虫文化賞新生賞受賞)や、漫画版「皇国の守護者」(原作:佐藤大輔)、TVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」キャラクター原案などで有名な、伊藤悠氏が担当。

 

■Makuake限定の特典付きプロジェクト リターンについて
特典別に5種類のコース!
以下の特典はすべてMakuake限定!

 

○すべてのコースの書籍には、蝸牛くも直筆のサイン入り!
すべての書籍に蝸牛くも氏がサインを入れ、Makuakeよりのご支援を感謝します。

 

○Makuake限定の冊子
冊子には、「伊藤悠キャラクターラフ」を特別掲載!
さらに、蝸牛くも氏書き下ろし短編小説「天下一蹴 徳川家康一之太刀」も収録。
(B6判/32P)

 

○コースにより、あとがきにクレジット付き! 「天下一蹴」に名を刻もう!
ファンの皆さまの応援で実現した「天下一蹴 今川氏真無用剣」の刊行を記念し、支援頂いた方のお名前(ニックネームでも可)をコースにより、あとがきに記載させて頂きたいと思います。
映画製作のクラウドファンディングなどで見られる「エンドロールに名前が入るリターン」の書籍版というイメージです。

※限定冊子の付く、すべてのコースがクレジット付きになります。

 



○特製本格「天下一蹴」扇子
仕様は8寸5分13間白竹(国産骨)の、将棋の対戦などで見られる、棋士扇子をモチーフとした本格扇子です。

 



○特製「天下一蹴」根付け
和風のキーチェーン、ストラップとして、注目されている「根付け」。
和雑貨専門の製作会社による特製「天下一蹴」根付けには、今川氏真が嗜んだ蹴鞠にちなんで、鞠のモチーフが付いております。

 

※デザインはイメージです。鞠の紋様、組紐の柄等、細部のデザイン 素材等は、予告なく変更される場合がございます。

 

以上の特典別にコースを用意いたしました。
欲しいリターンをご検討の上。ご支援頂ければ幸いです。


書籍(サイン入り、あとがきにクレジット付き)+限定冊子+扇子&根付け付き
3900円+税

 

書籍(サイン入り、あとがきにクレジット付き)+限定冊子+扇子付き
3600円+税 

 

書籍(サイン入り、あとがきにクレジット付き)+限定冊子+根付け付き
2900円+税

 

書籍(サイン入り、あとがきにクレジット付き)+限定冊子
2400円+税

 

書籍(サイン入り)
1600円+税

※すべて送料込み


Makuakeプロジェクトページには、「なんで『天下一蹴 今川氏真無用剣』を書いたのですか?」という質問や「好きな時代小説は?」といった蝸牛くも氏へのコメント記事も掲載、ぜひご覧ください!

 

Makuakeプロジェクトページ

※プロジェクトページは9月3日月曜に公開されます。

 

○担当編集より
天下一蹴 今川氏真無用剣」は、蝸牛くも氏にとっても、編集担当としても、とても思い入れのある小説なので、刊行を祝う「お祭り」として、今回の限定版プロジェクトを企画させて頂きました。
ファンの皆さまの声で実現した本作を、一緒に盛り上げて頂ければ幸いです。

 

ご支援とともに、本企画をぜひ、いろいろな方にもご紹介ください。
どうぞよろしくお願いします。


0

▲TOPへ戻る