冬は暑くて頭がボーっとし、夏は寒くて冷え性にはきつい。そんなおかしな温度設定の編集部よりこんにちわ。
相変わらずローソンのデザートコーナーにやられっぱなしのみっひーです。
今度は「生クリームたっぷりのシュークリーム」だょ♪
生クリームがわんさと乗っかってて、まるでケーキ屋さんで買ったしゅーを食べているみたいなんだ。
えへっ。もう、たまりませんなぁー☆ミ
……。
…………べ、べつにコンビニの回し者って訳じゃないんだからね!
さてさて。
前期GA文庫大賞関連のトピックもこれにて最終最後、「前期GA文庫大賞最終選考作品の評価シート」を本日発送しちゃいました!
結果発表からまるまる一ヶ月。作業が遅れ、お待たせしてしまいごめんなさい。前回同様みなさまのお手元には2、3日中に届くと思います。楽しみにしていて下さいね。
あ、今回お送りする最終選考のシートも、通常の評価シート+2人分(3次のものよりさらに1人増量なのです!)の総評つきです。三者三様、それぞれが真摯な気持ちで作品に対する評価やアドバイス、応募者の皆さんに対するメッセージを作成しました。このシートが次の作品の執筆へ少しでも役立てば、私たちとしても嬉しい限り☆
次回は後期の募集の締め切り間近ですし、「(GA文庫大賞の)応募規定」についてちょっとした解説を書きたいな、と考えています。
また近いうちにお会いしましょう。
ばいばい☆

ねこぴょんです。
コトン と 音をたてて
はーど でぃすくさん が こわれました。
「Nekopyon.は ふっかつ の じゅもん をとなえた!」
でーたは 灰に なりました。
ばいばい、いろんなデータさん。
いつかまた、どこかで。

 よく見るサイトは「まいじゃー推進委員会!」、サトです。
 今回は編集部と新人作家さんの打ち合わせの一幕をご紹介しようかと。
 10月某日16時、第2回GA文庫大賞奨励賞受賞作「イツカカカセオ!」のDさんと初打ち合わせ。新宿で待ち合わせて、ご挨拶。受賞式には作家用の名刺を用意して頂き、他の作家さんとご挨拶頂ければと説明。
 まず今後の刊行までの流れを説明。次に作品全体の良い点、演出強化したい点、修正が必要な点を話す。
「本作は大幅な直しは発生しませんでした。受賞作によって直しの量、ポイントはまちまちですね。最終的にきちんとしたクオリティで出せるように、と編集部としては考えております。
 ストーリーは良かったです。ウチの新人賞受賞作の中でも最も熱い話になるんじゃないですかね。ヒロインキャラはとても魅力的でかわいいです。これなんて顔デレ? 文字デレ? サトラレデレ?」
 原稿に入る前にいくつかヒアリング。
「マシンはWin、執筆はテキストエディター、ATOK、類語辞典、電子辞書……と。その体制は割と定番の一つですよ。
 ライトノベルでは何を読まれますか? 秋山瑞人先生、海原零先生等々。他にも新人賞作品をたくさん研究もしていた、と。当社の作品もいくつか? どれも面白かったけど「むげりん」が良かったですか。2巻も面白いですよ、1巻読者の予想のつかない○○○な対戦相手が出てきますから」
 今後の執筆におけるルビ、傍点のつけ方や、原稿のコメント、修正方法、表記ユレを説明。原稿に入って赤の箇所を説明しつつ進める。
「冒頭の『空手家 vs. 引きこもり少女』はツカミになってます。作品独自の世界観を出せているし、引きこもり少女が選考時も人気でしたよ」
 修正を進めている半ばで、編集長から合流の連絡が入り、ご挨拶。
「え、似てる? ブログの絵を見て、どんなヒットマン二人がくるのかとびくびくしていた!? そんな……」
 原稿終了後、2巻用の数案と新キャラの候補を見せてもらう。新キャラ候補が20人以上も!? 2巻B案のシリアス展開について熱心に話す編集長とDさんの横で、笑いのツボにはまる私。
「A案の新キャラヒロインの能力が面白過ぎる! こっちでいきましょうこっちで」
 23時、修正のスケジュールを確認し、そんなこんなで打ち合わせが終了。引き続き面白いものに仕上げていきましょう! という感じで打ち合わせが行われました。
 2010年春発売予定「イツカカカセオ!」、どうぞお楽しみに!

 新人のしゃこーくん(仮名)が、自分のブログでおかしなことを言っていたので、ちょっと説教に出てきました。
 いいか! モンハンはハンマーが基本だ!
 ハンマーこそ初心者が最初に手にする武器であり、ベテランが最後の頼みとする命綱である!
「お前の口からクソを垂れる前と後ろに“ハンマー”を付けろ!」
 ってジッチャも言ってた!
 まず担げ! そして叩け!
 そうすれば必ず道は切り開かれるであろう。
 そのためにはまず、基本からたたき直さねばならん。
 次からは文章の前と後ろに必ず“ハンマー”と付けるのだ!
 もちろんブログでも原稿でもだ!
 わかったな!
まずは自分が<Staff Comment>で見本を示してやる!
<GA文庫編集部 Staff Comment>
ハンマー文庫編集部編集長ハンマー。
ハンマーの主燃料は炭水化物と油分とハンマー。
甘いハンマーも好きなので、この3つが重なった芋ハンマーは、神のマハンマとして認定。
耐性が低いと即死ハンマー。
 何を言ってるのかわかりませんorz

こんにちは。もなでちゅ。
本日もニャル子さんネタです。
「這い寄れ!」とか、「這いよる!」など
次々名前が変化してしまっているニャル子さんですが、
今度は「歩みよれ!」が生まれました。
ニャル子さん、あなたはどこに行くのでしょうか?(汗)
そんな「歩みよれ! ニャル子さん」のご紹介。
IKa様による「這いよれ! ニャル子さん」4コマ混沌マンガということで、
現在、パート2まで公開されています。しかもカラー!!
4コママンガはこちら
ドラマCDのプロデューサーさんのご紹介もありまして
ニャル子さんが4コママンガにまで!!!
IKa様、かわいいニャル子をありがとうございます。(編集部一同深謝)
IKa様、かわいいニャル子をありがとうございます。(編集部一同深謝)
IKa様、かわいいニャル子をありがとうございます。(編集部一同深謝)
3回お礼をしてみました。今後も楽しみにしていますね!
そういえば、ニャル子は姿形を自由に変えられる設定でしたねー。
狐印様ニャル子、フラッシュニャル子、IKa様ニャル子とさまざまですが、
ふと、「ご当地ニャル子さん」ってのを妄想してしまいました。
お土産屋さんで良くストラップとかキーホルダーとかになっているアレです。アレ。
「ま○○っこ○」とか「○ティーさん」とか「○ティッ○」とかとか。
東京都だったら何ニャル子? 
島根県だったら何ニャル子?
しかし、姿形を変えられるとなると、
あれやこれもどのキャラクターも実はニャル子?
ニャル子ヤッベーっす。
各県のニャル子が気になります。
誰か作ってくれないかなぁ~。