GA文庫

ひきこまり吸血姫の悶々13

著者:小林湖底

イラスト:りいちゅ

定価 770円(本体700円+税10%)
ISBN
:978-4-8156-2139-1
サイズ
:文庫判

戦いの舞台は、いよいよ白極連邦へ――!

ある日、コマリの元に届いた手紙。
そこにはこう書かれてあった。
「白極連邦統括府へ来い!」
差出人はプロヘリヤ・ズタズタスキー。
どうやら何か思惑があってのことらしい。
聞けばアイラン・リンズにも同じような手紙が届いたという。
ときは夏まっさかり。
白極連邦といえば寒冷な土地で「避暑地として楽しめるかも」というヴィルの進言とは裏腹に、盛夏の白極連邦は……猛烈な吹雪に見舞われていた!
季節外れの猛吹雪に、更迭された書記長、そして集められた六戦姫。
革命を達成し、新たな世界秩序を模索するプロヘリヤ・ズタズタスキーは高らかに宣言するのだった。
「これより白銀革命を完遂する!」