編集Tのちょっと怖いお話

 梅雨独特の蒸し蒸しした暑さ。いやですね。
 ということで暑気払いにちょっと怖い話でもどうでしょうか。
————
■目撃者の証言
 古関守(こぜきまもる)は疲れきっていた。無理もない。昨日の昼から今日の朝までほぼひとりでコンビニの「通し番」をしていたからだ。休憩も、まして睡眠もとれなかった守の肉体はもはや疲労のピークを超えていた。
 元気はつらつで登校する小学生の群れとやけに眩しい太陽が、寝不足の頭にはうっとうしいことこの上ない。
「だいたい昨日は朝倉が遅番のはずだろ……。いい加減にしてほしいよな。店長も店長だよ。シフトを組むときにもっと考えてさ……」
 愚痴を垂れ流しながら、やっとの思いで守はアパートの近くまで辿りついた。顔をあげるとアパート前で、駐車場の掃除をしている大家のおばあちゃんが目に入った。
 しわくちゃの梅干のような顔で、どこに目がついているのか、どこまでが鼻でどこからが口なのか、相変わらずさっぱり判らない風体だ。
 守は密かにこの梅干は地球外生命体なのではないかとの疑念を持っていた。
「いつもいつも大変だねえ、おまわりさん。朝から晩までねえ」
「いえ、地域の安全を守るのが、本官の職務ですから」
「あんたみたいないい子がうちの孫だったらねえ……」
 梅干は自転車にまたがったままの若い警察官をつかまえて、あれやこれやと世間話をしているようだ。
(捕まると長いからな……)
 守は気がつかれないように二人の脇を、気配を消して通り過ぎた。そしてアパートの階段をそっとあがると、自室のドアをあけ玄関に倒れるように転がり込んだ。万年床までほんの2,3メートルの距離しかないが、このまま床で寝てしまいそうな勢いだった。
(あー、でも布団で寝ないと、起きたときあちこち痛くなるからな……)
 のそのそと起き上がろうとした時、背後からぴんぽーんという能天気な呼び鈴の音が響いた。
(くそう、誰だよ一体。眠いっつーんだよ、こっちはよ。三限目の基礎演習までには起きなきゃいけないし……)
 しぶしぶ開けたドアの向こうに立っていたのは、さきほど梅干に捕まっていた警官だった。
 ホームベース型のエラの張った輪郭に太い眉、きつく結ばれた口許に、強い意志を感じさせる真っ直ぐな瞳。
 まさに、真面目を絵に描いたらこうなりました、という顔だった。警官になるべくしてなったタイプというべきか。
「あの、なにか?」
「お休みのところ申し訳ありません。実は先ごろ起きました殺人事件の目撃者を探しておりまして……」
 差し出されたチラシを見て守は、ああなるほど、と納得した。先週の終わりだったか、このアパートから10メートルも離れていないマンションで一人暮らしの若い女性が惨殺されたのだ。守の寝不足の頭でもはっきり思い出せるほど、それはショッキングな事件だった。しばらくは報道陣や野次馬が大変で、今週に入ってようやくこの近辺も落ち着きを取り戻したばかりだった。
「? どうかされましたか?」
「あ、ああ、すいません! ちょっとここんとこバイトと学校が忙しくて……」
 警官がいぶかしげな顔で守を見つめている。どうやら自分が思った以上に、ぼーっとしていたようだ。突っ込まれて、守はあわてて言い訳をする。
 本当は今すぐにでも寝たい気分だったが、ここで変な対応をしていらぬ誤解を招いても厄介だ。尽きかけたエネルギーを振り絞って、守はできるだけ真摯に、はきはきと対応する。
「わかりました。それでは何か思い出されたりしましたら、ぜひこちらまでご連絡を」
 一通り話が済んだあと、警官はチラシの電話番号を指差し、礼儀正しく敬礼をしてドアを閉めた。しばらくしてお隣の呼び鈴が鳴る音が聞こえたが、すぐに布団にもぐりこんだ守はすでに夢の中だった。
 それから一週間。
 相変わらず寝不足の頭を引きずってアパートに着いた守は、冷蔵庫の中からごそごそと饅頭を引っ張り出していた。それはおととい梅干からもらったもので、どこぞの高級和菓子らしかった。梅干がお土産をくれるなんてめずらしいこともあるもんだ、と思ったが、万年金欠・食料不足の守はありがたくいただいておくことにした。
 発泡酒とコンビニの賞味期限切れのお弁当をたいらげ、饅頭にとりかかった守は何気なくテレビをつけた。ちょうどニュースをやっている。ぼーっとしたまま見ていると、以前ご近所を騒然とさせた殺人事件の犯人逮捕のニュースが流れ始めた。
(へえ、捕まったんだ。良かったな)
 しかし犯人の写真が画面に映し出された瞬間、守は思わず食べかけの饅頭を落としてしまった。その写真に写っているのは、ほかならぬ、この部屋に聞き込みに来た警官だったからだ。
 アナウンサーが淡々とした声で「逮捕されたのは佐々木雄一、26歳、無職……」とニュース原稿を読み上げている。
(どういうことだ? ニセ警官? なんで? まさか?)
 そこまで考えて守は、はたと思い当たった。
(そうだ、こいつは目撃者を捜して……見つけて……殺すつもりだったんだ!)
 あの時、もし変な対応をしていたら……そう思うと守は生きた心地がしなくなった。
————
 はい、お話はこれでおしまいでーす。最後までお読みいただき、ありがとうございました! わりと有名な都市伝説をベースにして書いたので、元ネタ知ってる人がいたらすいません。
 さてさて、ちょっとは涼しくなりましたでしょうかー?
 ちなみに体感温度を1度下げると、人体からのCO2排出量が13%減るそうですよ。エコですね。もちろん嘘ですよ!


0

アズラエルちゃんと会社の幽霊

恐れていた梅雨がやってきたようです。
こんにちは、GA編集部えむもとです。
まだ初夏な訳ですが、涼しくなれるお話をひとつ!
昨日、奇妙なことがあったそうです。
それは――。
以前にへんしゅーちょーが話題にしていた社内にある自販機は
みんなの命の泉なわけですが


アズラエルちゃんが、その隣に設置されている飲み物の自販機(※写真左)で
買い物をしていたところ――。
誰もいないのに、なぜかお隣の自販機が動きだし、
なんと1つのアップルパイが落ちてきたのだそうです!!
もちろんアズラエルちゃんはそれを買っていません。
そしてなんだか怖くなって、そっとそのアップルパイは
自販機の横に置いてきたそうです。
ここは毎朝、業者さんが入れ替えをしに来てくれますので
その時に回収してくれると考えたそうです。
不良品はそうして回収されるので――。
――なのに!!
一日経って、新たな商品が補充されているのに
なぜかそれは回収されませんでした――
まだそこにとどまっていたのです。
買った商品ではないものの、なんでそのパンを食べなかったのか?
そうアズラエルちゃんに聞いたら
「だって、アップルパイだったから。カレーパンじゃなかったし!」とのつれない返事。
え、そんな理由!?
……アズラエルちゃんは、カレーパンが好きなようです。
回収されなかった、アップルパイ。
これはきっと今晩あたり、アズラエルちゃんが家に帰ると
ほんのりリンゴの香りがする、可愛い女の子が待っているに違いないです!
そういうフラグです。
そして、
「なんでアタシを食べてくれなかったんですかっ!(ぷんぷん」
って責められるんですよっ!
まぁでも。アズラエルちゃんはSなので
「カレーパンだったら良かったのにね……」と、冷静に返すに違いない。
そして更に翌日には、カレーの香りがするオリエンタル美少女が……(以下略)。
………………。
涼しくなる話じゃなく、単なる頭の悪いラノベ脳なお話でした。
でも本当に(一部)あったお話!


0

6月の新刊のお・は・な・し☆

こんにちわ。みっひーです。
梅雨入りしてジメジメお天気な今日この頃、みなさまいかがおすごしでしょうか。
そんな日はお家でのんびり読書なんてオススメかもっ☆ミ

そーこーでー、読書にオススメなのがこちらの作品。


じゃじゃーん♪

いつもよりちょっぴり遅くなりましたが、今月のGA文庫の新刊のご紹介ですー!

「りーち☆えんげーじ!2 -子孫繁栄!国立栄華学園中等部-」
今回の舞台は臨海学校! 龍馬君が可愛い子をナンパしてきてさぁ大変。お兄ちゃんを取られまいとアリスちゃん頑張る! の回。もちろん臨海学校ならではのお楽しみイベントも満載です☆

「サムライガード6 新たなフラグとお嬢様 」
転入したての三方台学院で早速新たな女の子に見初められちゃった清海君。何故か学院恒例のイベント・春の合戦祭にも一緒に出場することになって……なお話。麗さんや花華さんたち元大蝦夷学園生徒会の面々も登場だよ!

「ライトノベルの楽しい書き方6」
なんと剣ちゃんの書いたラノベが映画化決定! と、いうことで映画の見学にやって来た八雲君たちだけど、そこでまたまた一波乱が。さらには市古ちゃんが八雲君の正式彼女についに立候補で、恋の三角関係が急展開をっ!?

「理の守護神さま。三.血塗れの統率者」
巨人騒ぎの後、警戒する時雨ちゃんの前に立ちはだかったのは、かつて戦った彼女の天敵! 敵の周到な準備を重ねた上での攻撃に、時雨ちゃんまさかの大ピンチ!? 巻末の書き下ろし短編には、祭利ちゃんのノーパン濡れ濡れ猫メイド姿もありますよん♪

「みんなのヒ・ミ・ツ4」
和人君を堕落させることを諦めたリルちゃんは、今度は何と鈴木君に取り憑いちゃう。あろう事か沙希ちゃんとホテルから出てきた証拠写真を撮られ、それを盾に脅される二人だけど……。一体どうなるこの展開!?

「戦塵外史五 戦士の法」
10歳にして追っ手がかかる旅をする少女と、彼女に雇われた無口で桁外れに強い大男。旅の理由も、互いの氏素性も知らず、決して知ろうとしない二人。だけど数多の危険を乗り越えていくうちに、彼らには無言の絆が生まれるのであった――。感動しちゃうお話です。

以上、6月の新刊は全6点。
是非是非、気になった作品はチェックしてみてくださいね☆

なお、今回ご紹介した作品は公式ページにも紹介記事が載っています。こちらも併せてご覧下さいませー。

ばいびー☆(ぉぃ


0

編集Tのほのぼの編集部日記

■6月xx日
 最近歳のせいか物忘れが激しいです。
 いや本当に冗談でなく、メガネをしたまま「メガネどこやったっけ?」をやってしまうレベルなので結構やばい自覚があります。
 ということで貴重品はすべてベルトにぶらさげる、ストラップ仕様で所持することにしています。
 現在、カギと携帯と電子辞書と財布をそのようにして持っているので、腰回りはヒモ(=ストラップ)だらけの状況。
 我ながらじゃらじゃらヒモつけてみっともないという自覚はあるのだけれど、電子辞書を忘れてしまった前科があるだけにつけたくないとも言えず……。
 逆に考えましょう。
「すべてを覚えていたら生きていけない。人は忘れることで生きているのだ」と。
 皆さん、そうは思いませんか?
 悲しいこと、辛いこと……すべてを事細かに、微に入り細を穿つレベルで記憶を保っていたらとても精神がもたないはずです。思い出すたびに新たに傷をえぐられるわけですから。
 それを日薬(ひぐすり)によって忘れることができるからこそ、私たちは日々を生きていけるのです。
 そう、「忘却」とは人間が本来持っている防衛機構、広い意味での心の自然治癒力なのですよ!
 ……100人中、3人ぐらいはだませた自信があります。
 とりあえずこれ以上ヒモが増えないことを祈るばかりです。
■6月xx日
 イラストレーターRさん、漫画家Wさんとそれぞれ初の打ち合わせ。
 今秋から始まる新シリーズのイラストをお願いさせていただいているので、顔合わせも兼ねてそのイメージの詰めがメインです。
 いろいろとお話をさせていただく段階で、「そうか、●●(キャラ名)はこんな表情をする娘だったんですね!」とか「ああ! なるほどその絵づらはいいですね、これは思いつかなかった!」などなど、新しい発見がその場で次々出てくる瞬間はやはりワクワクしますね。
 普段はメールや電話でやりとりをすることが多いですが、やはり実際に顔を会わせて直接打ち合わせる……というのは大事だと思います。
 現場の編集作業はデジタルがほとんどですが、人間同士、やはりアナログな部分をもっと大事にしていかないといけないな~と切に思う今日この頃です。
■6月xx日
 うちのこどもはトマトが大好きです。でもトマトジュースは大嫌いです。
 ある日なんでトマトジュースがそんなに嫌いなのか、訊いてみました。
「味がトマト過ぎるから!」
 あはははは。何を言ってるんだお前は。あはははは。
 ……ひとしきり笑ってから気がつきました。
 こいつ、案外深いこと言ってるんじゃないかと。
 これは「過ぎたるはなお及ばざるが如し」の具体例じゃないかと。論語じゃないかと!
 本人はまったくそんな自覚はないと思いますが、こどもはたまに深いことをさらりと言ってこちらをびっくりさせてくれます。深すぎて判らないこともたびたびですが。
遊びをせんとや生れけむ
戯れせんとや生れけん
 梁塵秘抄(りょうじんひしょう)に収められたこの歌を、まさに地でいくこどもの姿を見せてもらえるのは、とてもありがたいことだと思うのでした。オイタもいっぱいするけどな!


0

応募関連のまとめ:上を見上げたって言いませんか?

 先月読んで面白かったのは「まおゆう(魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」)」、サトです。GA文庫大賞の応募者さん向けの話題です。
 第3回GA文庫大賞前期へのたくさんのご応募、ありがとうございました。第3回GA文庫大賞後期に向けて、これまでGA文庫ブログで取り上げた応募関連のトピックをまとめてみました。今後のご応募の参考にして頂ければ幸いです。
補足、現在は「プリントアウトした原稿」は必要ありません。
 下記のトピックの一部には、それ以前の応募要項を元に書かれたものがあります。
編集T的「GA文庫大賞一次突破のための傾向と対策」
編集長K村のGA文庫大賞講座 演出意図について
なぜなにGA文庫・-カテゴリーエラー-の巻
なぜなにGA文庫・GA文庫大賞の巻 その2
なぜなにGA文庫・GA文庫大賞の巻 その3
なぜなにGA文庫・GA文庫大賞の巻 その4
nekopyon.のライトノベルだいさくせん! その1
GA文庫大賞の応募規定についてちょっとしたお話
GA文庫大賞の応募規定についてちょっとしたお話2
GA文庫大賞の応募作のタイプの話
GA文庫大賞の応募時の文章表記に関するTIPS
GA文庫大賞応募時のルビについて
GA文庫大賞「表記ゆれ」のこと
GA文庫大賞一次選考感想:僕にその手を汚せというのか
・おまけのTIPS:Wordのインデント機能の解除に関して
 小説は段落が変わるごとに文頭を全角で一文字分落とします。そのことを「段落下げ(一字下げ、文頭落とし)」というのですが、Wordでは「インデント機能」というもので、自動的に付いてしまう場合があります。
 この機能がわずらわしいと感じている方は、新しく原稿を書かれる際に、下記の方法で、機能を解除してみてはいかがでしょうか。
 Wordのメニューの[ツール(T)]の[オートコレクトのオプション(A)]、[入力オートフォーマット]のタブにある「Tab/Space/Backspaceキーでインデントとタブの設定を変更する」のチェックを外すと、この機能が解除されます。
 バージョンによっては、[ツール(T)]の[オプション(O)]、[編集と日本語入力]のタブにある「Tab/Space/Backspaceキーでインデントとタブの設定を変更する」のチェックを外すと、この機能が解除されます。
※既に「インデント機能」を使用した原稿で、このオプションを変更すると、段落がおかしくなってしまう場合がありますので、ご注意ください。


0

▲TOPへ戻る